2019年09月14日

2019 大台ケ原ヒルクライム

ちわっす(=゚ω゚)ノ 2GEです。

本日の更新は、9/8(日)に行われました、大台ケ原ヒルクライムです。
距離28km、標高差1,240mの国内屈指の難コース。単純なヒルクライムではなく、川沿い平坦基調から激坂、そしてアップダウンというバラエティーに富んだコースです。今回は竹田設計からはKRTくんとキャプテンが参加です。

69586418_1299733763529412_2737221243726987264_n.jpg

キャプテンですが、機材は決戦用のカーボンホイール、さらに前日入り(車中泊だけど)と万全の体制で「表彰台を狙いに行きます!」との意気込みで挑みます。昨年、一昨年と意外に登れちゃう才能が開花してしまったキャプテンには期待せずにはいられません。
果たして結果やいかに?


【リザルト】
ロード:一般クラス(26歳〜35歳)
4位/85名   キャプテン Time1:15:29.666  Top+2:41.936  Ave.22.25km/h

ロード:一般クラス(36歳〜45歳)
57位/123名  KRT    Time1:31:42.560  Top+17:16.771  Ave.18.32km/h


KRTくんは落車や機材トラブルと残念ながらついてませんでしたが、その割に一昨年の私のタイムと変わんないから、やっぱ速い!
そしてキャプテンは、なんと入賞!! 残念ながら表彰台まで1分15秒足りませんでしたが、さすがはキャプテン!やってくれました!

69621515_2383844425032078_2472423040911147008_o.jpg
なんか、一人だけ体型が違うぞ!(笑)


【KRTくんSTRAVAより】---------------------------------------------------
朝からウェット路面で今年は平坦区間で単体落車。気を取り直しても激坂区間でリアロー側でチェーン落ち、曇ると思って外してたサングラスを一度落としたり散々。
今年は平日の運動習慣が欠けた事によりタイムは全盛期より10分以上遅れた。
下りは激坂区間で石を踏んでスローパンク。歩いて降りていたら回収車で下山出来ました。
チューブラータイヤのデメリットを感じ、機材に悩みが増えました。



【キャプテンFacebookより】---------------------------------------------------
日曜日は、第18回ヒルクライム大台ケ原に参加して来ました。
2年前に初めて出場し、今年で3回目。

標高差1240mを28kmかけて登るのですが、平坦、登り坂、アップダウンが組み合わさっており、ロードレース要素の強いコースレイアウトも特徴です。

2年前は、1時間17分28秒。
1年前は、1時間17分38秒。

…今年は如何に!?

【結果】
一般クラス 26〜35歳の部
タイム : 1時間15分29秒
順位 : 4位

今回初めて、表彰ステージに上がることが出来ました。
しかし念願の表彰台(1〜3位が乗れる切り株)には乗れず。
ちょっと悔しい結果に。

簡単ですが、レース展開を以下に示します。

【第1セクション 平坦区間】
今回は第1グループスタートだったので、前走者も少なくコースの位置どりも比較的ラクに走ることが出来ました。

一般クラスのカテゴリは、第1〜第5に別れており、2分間隔でスタートします。
必然的に、後ろのグループスタートで速いペースの人は、沢山の人を抜かなければなりません。
今までスタートが第5グループだったので、今年はとても走りやすかったです。

しかも、去年秋SPのアタック240で3位だったガタイの良いユーロワークスの人が、同じチームの人のアシスト?として参加してたみたいで、序盤から鬼引き開始。

まさに肉弾列車。
緩やかな登り基調の序盤を40km/h以上で走る。(速えぇ……)

路面は雨で濡れてて所々危なかったけど、前方での位置どりと声かけで、無事に激坂区間へ突入。
ここまでで約18分。(ありがとうございました)

【第2セクション 激坂区間】
激坂区間では、ひたすら軽いギアで回すのみ。
この区間も第1グループだと走りやすい。但し、前走者の少ないコースに安堵するも、

キツイもんはキツイ。

自分はノーマルクランクなので、39-25がマイバイクの姫ギア。
ひたすら踏み込むペダリングで、グレーチングや落下物に気をつけながら、周りのペースに流されないよう自分のペースを維持します。

勾配がキツくなると速度を落とし、緩くなる区間で少し速度を上げられるようなペースで走りました。
脚を休めようとダンシングするとリアが滑る為、落車しないように上半身や脚全体の筋肉を使うように意識。
ペースは第3セクションに向けて、気持ち抑え目。
このセクションは33分半くらいで通過。

【第3セクション アップダウン区間】
最後となる第3セクションは、山頂付近を走るドライブウェイを走ります。
道幅は広くなり、比較的走りやすいです。しかし、アップダウンが結構激しい為、コースを読み違えると無い脚がどんどん削られます。

数名でパックになったりしましたが、なかなかペースが合わず、上りでちぎれたり、平坦&下りで追いついたり。
協調性の無い走りをするしか無いので、申し訳無かったです。
最後の下り区間では72km/hまで加速し、小集団から抜け出す形で前走者を追いました。

その後は、"前走者が見えたら追う"を繰り返し、後ろから抜かれないように気をつけながら、なんとかゴールに到着。
このセクションは24分くらい。

その後は、上の駐車場で下山準備&にゅうめん食べまくり。

…色々ありましたが、やはり上りの練習も必要だなと感じました。(毎回思う)

コンパクトクランクに28丁が有ったら、少しは走り易くなるかな?
来年は3位以内目指して、また頑張ります。

沿道から声援を送ってくれた村民も方々や、運営の方々、毎年本当にありがとうございます。

今度は仲間と前泊できたら良いな。
ではでは(ヾノ・∀・`)

---------------------------------------------------


じゃんけん大会どうなった〜??
うーん、来年は参加するかな...。

posted by 0252 at 23:15| 愛知 ☁| ヒルクライム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

2019 真夏の琵琶イチ

ちわっす(=゚ω゚)ノ 2GEです。

今年も行ってまいりました、真夏の琵琶イチ!
今年の参加者は、IWT部長,キャプテン,SMGくん,KYMくん,2GEです。残念ながら今年は、インスタの師匠SZKさんはシマノ鈴鹿の為一緒に走ることはできませんでした。だがしかし、我々は試行錯誤するわけです。バエル写真とは何なのか?

8/30(金) 天気予報は、あいにくの雨。しかもやや強めに降る予報、PM8:00の天気予報次第で中止かどうか判断しましょうということでしたが、その時の天気予報も彦根、降水確率50%と微妙((+_+)) まぁ、うちには晴れ男もおるし行くだけ行ってみるかというわけで。2GEは雨を予想し、休日用バイクではなく通勤用バイクにホイール交換というチョイスに。これならば、まぁ濡れてもいいかな?

8/31(土) AM4:30 2GE宅にIWT部長がお迎え。荷物を積み込み移動。AM5:00 SMGくん宅に到着。SMGくんとKYMくんをピックアップ。荷物を積み込み次の目的地へ。AM5:30 キャプテン宅に到着。荷物を積み込み...。

そうです。IWT部長の車1台で5名5台を運ぶことができました。自転車乗りにとってはあこがれの5名5台、そしてなんとディーゼルだから経済的でこの上ない!長距離になればなるほど交通費を節約できるのはすごくうれしいですね。
IMG_4933.JPG69495651_1644352935695013_2232787316315783168_n.jpg

ということで、AM7:00今回のスタート地点「かんぽの宿 彦根」さん(https://www.kanponoyado.japanpost.jp/hikone/index.html)に到着。
なぜ?かんぽの宿?なのかですが、「かんぽの宿 彦根」さんでは日帰り温泉があるんですよ。
前回の琵琶イチの際、一周後後かたずけ→風呂屋へというのにものすごく時間がかかってしまい(しかも風呂屋の駐車場が)、難儀したのを改善してみました。一周終了→かたずけ→風呂というのを同じ場所でできる効率の良さ、時短ですねぇ(#^.^#)

というわけで、準備を終え「琵琶イチ」スタート
スタート地点から、しばらく行った湖岸緑地松原で写真撮影。
69272225_2483842015178205_7846938398349590528_n.jpg
天気いいですね!!

そしていったん引き返しファミマ彦根ミシガン通り店さんで補給。出発前の補給だったのでドリンクと補給食をササっと買って出発。と思ったら、駐輪場にいたバイカーさんが「もう出発するの?休憩全然してないけど」とびっくりされていました。「いえいえ、これからスタートナンスよ」と言ったら納得のご様子でした(笑)

そしてホントのスタート。まずはキャプテンが牽きます。序盤なのでペースはゆっくりいい感じ!
しばらくして、追い越したバイカーさんがこちらに手を振ってました(笑)。先ほどコンビニでお会いしたバイカーさんですね。

10q走ったところで、SMGくんが「10q過ぎたので牽きます」となんとも頼もしい言葉。同じく10q引くようです。2GEはサイクルコンピューターを付けてなかったので、5qくらいで「そろそろ10q?」と聞いてしまいましたが「10qたったら交代サイン出しますので」と。人間の感覚はホント判らないですね。
SMGくんが10q走り次は2GEの出番。サイコンが付いてないので正確な距離がわからない。キャプテンが「感覚で10qたったら交代で」といったので、大体通勤で40分10qくらいだから...。ということで、「今大体5qじゃね?」といった地点が実は8qでした(笑)
その後、KYMくんが正直に10q申告してくれたおかげで交代となりました。(感覚的にはローソンくらいかなと思ってました)

その後、数少ない山岳ポイント一つ賤ケ岳トンネルへ。
69519158_2483841998511540_4156905623809687552_n.jpg
昨年は台風の被害の為、自転車も通行止めとなっていましたが今年は自動車以外の通行は可能となっていました。涼しくて気持ちよかったですね。
69545088_2483842161844857_8263923849561636864_n.jpg


旧賤ケ岳トンネルを通過し、藤ヶ崎トンネルを迂回するルートで、な、なんとMMTキャメラマンと遭遇。キャプテン情報だと、今日は写真を撮りに来たとのこと。狙ってたのか、偶然なのかわかりませんが知り合いと会えると嬉しいですね(*´ω`*)

ローソン西浅井塩津浜店さんで休憩&補給食調達。ここからマキノ高原まではノンストップで移動となります。そういえばここからマキノ高原まではキャプテンの一本引きでした。ペースが速く意外と早く到着したなぁと思ってたら、到着後キャプテンが「追い風だったし」と言ってましたが、我々としては「追い風でしたっけ?」といった感じでややきつめでした(笑)

マキノ高原でいつものように写真撮影大会。
69384008_2483842848511455_8407583998737383424_n.jpg

68966195_2483842381844835_4262098542643904512_n.jpg
キャプテン

69789679_2483842621844811_7941336299137400832_n.jpg
2GE

69859392_2483844161844657_1915247447681007616_n.jpg
IWT部長

69272508_2483844045178002_6522840624268312576_n.jpg
SMGくん

そして、KYMくんが面白いものを持参。なんと360°カメラ。一回のシャッターで360°とれるなんとも面白いカメラです。
で撮ったものがこれ

69334126_509861556455901_2130749746745180160_n.jpg
360°回せるやつで見れると面白いんですよこれが!

マキノ高原での滞在時間もほどほどに次の目的地のSTAGEX高島(https://www.takashima.stagex.jp/)さんへ。なんでも、キャプテンは前回写真が気に入らないようで、リベンジがてら写真を取り直したいので是非にとのこと。

以前の写真がこれ。
40114753_1360862870710689_2263958191790358528_n.jpg
無理やり自転車を持ち上げさせられているのがお気に召さないとのこと(笑)


そして、今回がこれ!
69327672_2483844038511336_2118624959579291648_n.jpg
隣の風車に負けない完成度!なかなかバエてます(笑)

あーでもないこーでもないといいながら、意外に時間がかかってしまいましたがよい休憩時間となりました。そして次の目的地、 R cafe(https://www.r-cafe.net/)さんへ。


R cafeさんは、なんでも今年リニューアルされたそうで、前回食べたところの隣に建物が立っていました。待ち時間も結構待たされるみたいでちゃんとレストランになっていました。((+_+))

まいったな〜。と思って以前購入したところで何が売っているか確認したところ、こちらでも食事ができるとのこと。簡単なテイクアウトできる食事がメインのようですが、暑い中待つのも嫌なのでそちらで食事をすることに。

69836285_1644352919028348_1732671166771888128_n.jpg

70011790_2483844075177999_6163291959684235264_n.jpg

相変わらず、良いロケーションです。が、湖を見てみると何やら区画されていてせっかくの良い景色がいまいちに...。さらに以前は勝手に湖に入ったりしてましたが、店員さんに湖はいっていいですか?と聞いたところ¥1,000かかりますとのこと。

( ゚Д゚)ナニ!!

ここまで、湖に入って体を冷やすことを目的に頑張ってきたのに!(今回白髭神社もスルーしたので)

残念。
ですが、入れないなら入れないなりに写真だけは撮っておこうということに。

今回がこれ。
69636602_2483844211844652_667891711157993472_n.jpg
うーん、これは前回のほうがいいかな?


で、食事も済ませ次に向かうは、今回ググって調べた志賀駅の近くにある青木煮豆店さん(http://www.aokinimame.com/)
ここでの目的は「かき氷」

69464972_2483844328511307_6868732405247639552_n.jpg

69614183_2483844598511280_7503172978369101824_n.jpg
ここのかき氷は豆がのっかてて凄い美味しかったなぁ。

キャプテンは、どら焼き食べてましたね(笑)。「さっき少なかったし」って。
他にも魅力的なスイーツが盛沢山あり、少し寒くなっても、お汁粉などいい感じのものもあるようです。次もぜひ寄りたいところでした。

植物性たんぱく質と糖分を補給したところで、次の目的地「琵琶湖大橋」へ。ここまではキャプテンが牽いてくれてたんですが、なぜか2GEが前へ。風がなんだか向かい風(T_T) まいったな〜。スピードが乗らない。

なんだかんだで、琵琶湖大橋に到着。ここでも写真を1枚。
70184844_2483844481844625_3738566055308558336_n.jpg
大橋を渡り、ココからは再びキャプテンが牽くことに。風は追い風基調で、速度は...よくわからんが結構出てたと思う( ゚Д゚)

ローソン近江八幡店まではノンストップ、そこで最後の補給を済ませます。その際に、雨雲レーダーを確認したところ、南側に雨雲が。20分後雨雲がここに到着する予定のようだったので、休憩もほどほどにゴールのかんぽの宿彦根さんまで戻ることに。

前回は、このあたりでKYMくんが力尽きていたんですが、今回は本人曰くギリギリだそうですがついてこれてました。いやぁ成長しましたよ!

そしてゴール到着、と思ったらゴール近くの道をミスチョイス。いけるかと思ったら行き止まり。そして曲がるところを曲がらずそのまま直進し、朝寄ったファミマへ到着。

せっかくなので、ゴールの写真をぱちりと。
69389434_2483844738511266_7443963383860166656_n.jpg

PM5:00ちょい前にかんぽの宿に戻り、片付けを済ませ、日帰り温泉へ直行!(車での移動がないっていいですね)

IMG_4957.JPG
お風呂後まったりと。晩御飯はどこで食べるか、検索中。

近江牛の焼き肉食べ放題を食べたかったのですが、電話問い合わせで待ち時間が長かったので断念。結局、鳥貴族南彦根店さんとなりました。キャプテン曰く「プレモルです」と。


距離 173q
移動タイム 6:08:27
平均スピード 28.2km/時


というわけで、パンク,落車なく無事にゴールすることができました。結局天気も良かったです!
今回の琵琶イチも楽しい夏休みとなりました!
posted by 0252 at 00:02| 愛知 ☁| サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

2019 マウンテンサイクリングin乗鞍

ちわっす(=゚ω゚)ノ 2GEです。

今回の更新は、8/25(日)に行われた「マウンテンサイクリングin乗鞍」です。
言わずと知れたヒルクライムの最高峰、乗鞍。乗鞍エコーラインをコースとし、ゴール地点の標高は2,720mと国内最高所を走る大会ですね。
今年は晴天にも恵まれたようで、フルコースでのレースとなったようです。

20190825_norikura_takedablog_002.png

我らが自転車部からは、KRTくんが参加しました。
それではさっそく、リザルト行ってみましょう。


【リザルト】
 一般男子D
 73位/434名  No.4459  Time1:16:39.633  Top+14:22  Ave.16.04


【KRTくんSTRAVAより】
 心拍を鍛える練習が足りなく、呼吸は抑え気味でタレ切れ無いような守りの走りでした。
20190825_norikura_takedablog_001.png



同一カテゴリーで400名以上の参加者とは...。さすが日本最高峰のヒルクライムレースなだけあります。
そんな中、上位に入るのはさすがです!お疲れさまでした!
posted by 0252 at 20:39| 愛知 ☁| ヒルクライム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする