2017年10月01日

2017 第14回 豊橋万場クリテリウムロードレース大会

こんちは、2GEです。
本日の更新は、2017年9月24日に行われた豊橋万場クリテリウムロードレース大会です。

IMG_5166.JPG

午前中にチームタイムトライアルと4時間エンデューロが、午後からクリテリウムが行われるこの大会、竹田設計自転車部からは、チームタイムトライアルと4時間エンデューロにエントリーしました。

エントリーカテゴリーとチーム分けは下記の通り
チームTT
 キャプテン,KRTくん,IUEくん、そして2GE
4時間エンデューロ
 チームT キャプテン,KRTくん,2GE
 チームK SMGくん,IUEくん,ENDくん
 チームD MMTくん,MZNくん,INGくん,SBYくん
 サポート すぱ太郎さん
 カメラマン MMRくん

今回、キャプテンか以前から気になっていたガジェット「BONX」を試験導入。「BONX」ってなに?っていうと通信機みたいなもんで、自転車で走行中会話ができたりします。なので、チームタイムトライアルで、「もう少しペース下げて」とか「ここから上げようか」とか、エンデューロでは「そろそろ交代ね」とか「前との○○秒差」とか、できるのを期待しました。いきなり購入してしまうのは、少し高価でしたので。Rentioさん(https://www.rentio.jp/)でレンタルすることにしました。
P9240242.JPG
準備中、にBONXを装着。離れたところでも会話が聞こえます。「なかなかこりゃいいわ!」って感じでした。

自転車の準備も終わり、アップ開始。チームTTが一番初めなので、キャプテン,KRTくん,IUEくん,2GEで調整池の外を走ります。竹田設計自転車部は、チームはほとんどしないので、4人でTTをするのは今回が初めて。そう、だから「BONX」の出番なんです!4名はBONX装備、あと、すぱ太郎さんも装備しています。放送とか呼び出しとかあったらいかんので、ピットに待機してもらってます。

外周部を走っているときに、会話。
風切り音で何も聞こえず…(笑)
そして、会場のピットでは音楽が流れているので、すぱ太郎さんのBONXがその音を拾いノイズのように。肝心な会話といえば、耳を凝らせば何とか聞こえる程度でした。

いやな予感。

アップも一通り終わり、スタート地点に集合。
ゼッケン順に並びます。

と、後ろを振り向くとどこかで見たジャージ。「MKW」さんたち。
MKWさんたちは、今年も絶好調。しかもシマノ中には鈴鹿5ステージで総合優勝された方が...。

22196439_1436557349792702_360442171999644384_n.jpg
↑チームTTスタート前

こりゃ、追いつかれないように頑張らなきゃです。それに、こっちにはキャプテンがいるんだし、きっと大丈夫! ←この時は何も気づいてない。

今回の作戦としては、今回キャプテンのバイクにTTバーを取り付けタイムトライアルポジションに。TTとしては2周(5.5q)なので、鬼に金棒を装備したキャプテンが全部牽けたら牽くということに。後の3名はちぎれずついていくと、まあ、何とも情けない作戦ですがいかんともしがたいですね。
順番としては、キャプテン(10),KRTくん(6),IUEくん(5),2GE (5)となります。
(※右の数字は速さを10が段階評価で表してみました。2GEの勝手な主観ですので参考まで)

という訳で、チームタイムトライアルスタート。
全員がビンディングを装着し「OK」と一言。スピードがグンと上がってきます。

IMG_3756.JPG
↑キャプテンの後ろに3人います。うまくドラフティングに入れています。

程よくスピードが乗ってきたところで、シケイン。砂が乗っていて危ないので、コーナーではスピードをやや落とし、立ち上がりに加速。前にいた、IUEくんが中切れを起こしそうだったので、2GE が間を埋めるため前に。そこからスピードが上がり(たぶん45km/hくらいだったか)最終コーナー。ふと、後ろを見るとIUEくんがいない。(なんか切り離しえしまった感じになってしまいましたm(_ _)mゴメンナサイ)

Σ(゚Д゚)マヂカー!!!!!!!!
意地でもゴールしなければならなくなてしまいました。そう、チームTTは3番目の人のタイムがチームタイムとなります。そして、メンバーの間が10車身以上空いてしまうと、そこから後ろの人は失格となります。

この状況はだめだ、やばい。
そして、また前を見るとキャプテンとKRTくんの間が開きはじめました。やばい、また中切れか!

そう、こんな時こそBONX!キャプテンにペースダウンの指示を。


「ごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。ザザッ」


うぎゃーーーーーーーーーーーーーーーいやな予感的中ーーーー!

なおも車間が広がってきたので、たまらずKRTくんの前に出て、間を埋めつつ地声で「キャプテーン!」と叫ぶも苦しくて「ペースダウン!!」まで叫べず…。


何とか気づいてくれ、との願いに、チラリと後ろを見てくれました。
ペースダウン。


あぶなかった、崩壊するとこだった。


ペースを一定に保ちながら、最終コーナーへ。
ジワリ、ジワリとスピードが上がってきます。先ほどから足を使い切ってしまったためにこのスピードにはギリギリ。そしてストレートではヘロヘロに。

キャプテンが後ろをむいて激をとばします!



「IUEー!IUEー!」と…。



…ちげーし!


ゴールも近くなってきたところで後ろにいたKRTくんもジワリを上がってきます。
ほどなく脚を使い切り、ほぼ惰性でのゴール。

何とかちぎれずゴールできました。キャプテンはかなり余裕、KRTくんもまだいけそうな感じでした。まだまだ自分の力不足を感じるレース展開でした。せめて、巡航速度のキャプテンについていける状態にせねばです。

【リザルト】
4位/17チーム  Time0:07:33.523 Top+00:43.077 Ave43.66km/h

ちなみに、トップのMKWさんのアベレージが48.22km/h、3位のチームが46.37km/hと3km/h弱、離されましたので今回は完敗。残念ながら入賞はできませんでした。


っていうか〜、上位チーム、TTバイクだったし〜〜。なんてのは言い訳です。


頼りのBONXですが、25km/hくらいでの走行ならば会話できます。でも、音は小さく感じます。40km/hオーバーでは使えなかったです、残念ながら。携帯の電池のヘリですが、予想通り早かったですね。4時間エンデューロの半分くらいまでしか持たなかったです。コンセプトは素晴らしいので、メーカーの方には引き続き、開発を頑張ってもらいたいです!

P9240143.JPG
↑チームTT直後のピットにて


チームTT終了後、エンデューロまで時間がありますので、試走時間となります。今回初参加の方もいるので試走はマストですね。チームTT参加組もダウンのためにコースを回ります。

一回りして帰ってきたら、なんと、KDEくんが応援に!
差し入れも持ってきてくれました。ありがとうございます!

4時間エンデューロですが、出走順は以下の通りです。
チームT
 KRTくん→2GE→キャプテン
チームK
 SMGくん→ENDくん→IUEくん
チームD
 INGくん→SBYくん→MZNくん→MMT

残り2周になったらピットにサインを出すことに。
さて、どうなることやら。

4時間エンデューロスタート
IMG_3934.JPG
SMGくん、いきなり下ハン持ってダンシング。
おいおい、先はまだまだ長いんですけど…。


IMG_4220.JPG
KRTくん

IMG_4247.JPG
2GE

IMG_4461.JPG
キャプテン

IMG_4138.JPG
SMGくん

IMG_4189.JPG
ENDくん

IMG_4454.JPG
IUEくん

IMG_4106.JPG
INGくん

22154150_1436557676459336_5437043400193408424_n.jpg
SBYくん

IMG_4937.JPG
MZNくん

IMG_4469.JPG
MMTくん

こうして、並べてみると一人だけ毛色が違いますね。
虎が一匹混じってる(;´・ω・)
今回、MMTくん、MMRくん、すぱ太郎さんが写真を撮ってくださいました。ブログはストレージの都合で解像度を落としていますが、どれもいい写真でした。ありがとうございます!
IMG_0186.JPG

ピットでの交代風景、SMGくん→ENDくんへ
P9240193.JPG
こらこら〜、後輩の進路ふさいでるぞ〜!!

エンデューロの最中に、THS役員が応援に来られました。用事があったのかすぐに帰られましたが、みんなうれしかったです。いつも応援&差し入れありがとうございます!みんなで美味しくいただきました!

そして最後のゴール

チームKゴール
IMG_5091.JPG
なぜ?天を仰ぐ?

チームTゴール
IMG_5114.JPG
先頭集団でのチームTゴール、特に着には絡んでないんですがブッチギリ、圧巻のスプリント!
キャプテンはキレキレでした!

チームDゴール
IMG_5153.JPG
レース初参加SBYくん、お疲れ様でした!

無事落車、パンクもなく3チームともゴールすることができました!

【リザルト】
チームT 10位 Lap59 Time4:02:04.556 Top+5Lap Ave.40.21km/h
チームK 28位?
チームD 46位?

すいません。公式のリザルトがまだ出ていないので、とりあえず手持ちの情報から書いときます。公式リザルト出たら修正しますので、今は暫定ということで。

何とチームKは時間賞いただきました!
P9240212.JPG
バームクーヘンです!


そういえば、キャプテンがクリームパンの代わりにアンパンくれました。僕は空気読めるのでとりあえず1個だけにしておきました(笑)
IMG_5180.JPG
キャプテン…燃費悪すぎ!



そして、後片付け後みんなで集合写真
21687573_1108644255932553_4912311901970345627_n.jpg
みんないい顔してます!

最後ではありますが、豊橋万場クリテリウムロードレース開催関係者並びに、今回サポートしてくれました、すぱ太郎さん、MMRくん、KDEくん、THS役員、ホントありがとうございました。
そして、皆さんお疲れ様でした!


次回は、栗きんとんサイクリングかな?

posted by 0252 at 22:10| 愛知 ☁| エンデューロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

2017 名古屋ドームリレーマラソン

ども、2GEです。体が痛いです。筋肉痛です。

本日の更新は、9/16(土)に行われました。ナゴヤドームリレーマラソンです。今年は、アクトスじゃない見たいっすね。そこのところ、大人の事情なのかもしれないので触れないでおきます。

21762199_1104528333010812_1004953469509544288_n.jpg

うちの会社の恒例の全社行事、今年で4回目となります。
自転車部メンバーは各事業所に散らばっていますので、普段はなかなか会えません。なので、自転車部メンバーでつるめる機会なので、やはり楽しいですね。

昨年は、6時間の部に参加しましたがかなりきつかったので今年は42.195kmにしました。自転車部としての参加人数が10名だったため、42.195kmでは一人4kmちょいなります。
「1周づつ走ったとすると待ち時間がかなり長くなって体が冷えるじゃないですか」という意見がでましたので、我々自転車部は1チーム5名で2チーム出すことにしました。シメシメ、社内表彰でワンツー取れば豪華な忘年会が…。

なんてね。

この日は、台風18号の影響から雨が予想されたため、コースが変更で1周1.68kmで25周します。すべて屋内を走ることなります。

自転車部からの参加は、自転車部AはTHS役員,SMGくん,SMG奥さん,すぱ太郎さん,すぱ太郎Jrさん、自転車部BはKRTくん,KDEくん,キャプテン,IUEくん,2GEの10人です。自転車部Bの作戦は、1人5周ではじめ2周、2回目に3周を走ることにしました。

朝の7:00〜8:00の間に集合、自転車部は大体7:30くらいに全員集まりました。と、思ったらIUEくんが来ていない。LINEの連絡で少し遅れますとのこと。頼みのトライアスリートを欠くのは厳しい!どれくらい遅れるかわからなかったので、少しドキドキしましたが、しばらくしてIUEくん到着。全員でドーム内に移動しました。

場所をキープし、しばらくするとキャプテンが「腹減った…」と。
朝が早かったので朝ご飯は食べす、さらには補給食も持たずのようです。私は先ほどおにぎりを食べお腹が落ち着いてたので、腹が減った時に食べようと思ってたファミマの4個入りクリームパンを食べるか?と差し出しました。

「いただきます」とキャプテン。

「ポカリものんでいいすか?」とキャプテン。

どうぞ。
他のメンバーと話をしをしてたりしてたら

「ごちそうさまでした!」とキャプテン。

(;´Д`)

クリームパンがすべてなくなっている...。
2個くらい残っているかと思いましたが、私の考えはクリームパンよりも甘かったようです。

が、その後キャプテンは焼きそば食ってました(笑)

21462739_1104528363010809_2844601952971294508_n.jpg
レース前の集合写真を逆から撮ってみました。


そんなこんなで、リザルトです。
【リザルト】
大江D    2:45:43
岡崎B    2:53:19
自転車部A  3:12:12
岡崎A    3:19:34
小牧産機   3:20:15
大江B    3:20:27
自転車部B  3:25:35
大江A    3:26:23
豊田2D   3:34:01
豊田1A   3:35:03
豊田2B   3:36:35
豊田1B   3:43:02
岡崎D    3:48:29
大江C    3:54:02
本社     3:57:04
技術開発   4:01:25
豊田2A   4:10:57
豊田2C   4:20:18
岡崎C    4:22:05

今週末、自転車部は豊橋万場でレースがあるのであまり筋肉に負荷をかけたくなかった...というのはあくまで言い訳で、今回の結果は完全に実力です。完敗デス。
m(_ _)m マイリマシタ

自転車部は社内3位と7位でした。
21462689_1104528319677480_4049188248413911960_n.jpg

社内1,2位のチームの方々はかなり速かったです!練習の成果が出たのではと思います!おめでとうございます。

21751365_1104528303010815_7695351421588880203_n.jpg
今年のTシャツデザインはこれ。テーマは「つなぐ」
デザインが秀逸で素晴らしいっす。

最後ではありますが、今回も社内企画のリレーマラソンを準備していただいた方々、ありがとうございました!また、参加された社員の方、お疲れ様でした!


posted by 0252 at 22:44| 愛知 ☁| 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

第16回 大台ケ原ヒルクライム リザルト

2GEです。

今回の更新は9/10(日)に行われた、大台ケ原ヒルクライムリザルトです。
21557911_1100246696772309_850142802185728514_n.jpg

竹田設計自転車部からは、KRTくん,2GEです。
KDEくんが参加の予定でしたが、5ステージスズカの落車の影響で参加を取りやめ。代わりにキャプテンが代走することになりました。

この大会は今年で16回目、日本屈指のヒルクライムになります。コースプロファイルは下記のキャプテンFacebookよりを見てください(←手抜き)

一昨年、私のチームの人と吉野側から大台ケ原までサイクリングをした際に、激坂以降で合流するコースを走りました。合流してからは、雨脚が強くなり雨がひどくずぶぬれになり、夏なのにガタガタ震えながら上の食堂でうどんをすすりました。その時の食堂のおばちゃお姉さんのやさしさ、温かさは忘れられません。
また、昨年は今大会と全く同じコースをチームメンバーとサイクリングとして走りました。その際は、不覚ながら激坂にて足をついて休憩しまいました。腰も痛かったし、ノーマルクランクだったし...。激坂が終わり霧がひどく視界がほぼゼロに、雨は降らなかったもののかなりびしょ濡れになりました。上で食事をしようと思ったらその日は食堂がお休みでした。途中休憩したこともあり、タイムは2時間越え
(´;ω;`)
 今となっていは良い思い出です。
 
ということで、この大会は前から興味がありました。地元奈良(といっても実家から2時間)の大会でしたから。また昨年、いつもお世話になっているPLUS ULTRAのNGOさんからもお誘いがあり、参加を決意しました。もちろんコンパクトクランクに換装しての出走です。

さて、結果や如何に?

【リザルト】 
カテゴリ ロード36歳〜45歳
 キャプテン 10位/177名 (総合33位/618名)  Time1:17:28.168 Top+4:18.181 Ave.21.69km/h
           激坂区間 33位/578名   Time33:34.447 Top+7:03.007 Ave.13.40km/h

 KRT    38位/177名 (総合111位/618名) Time1:25:22.676 Top+12:12.689 Ave.19.68km/h
           激坂区間 105位/578名  Time37:51.812  Top+11:20.372 Ave.11.88km/h

 2GE    77位/177名 (総合211位/618名) Time1:31:59.953 Top+18:49.966 Ave.18.26km/h
           激坂区間 178位/578名  Time40:27.427  Top+13:55.987 Ave.11.12km/h

3人とも頑張りました!
特筆すべきはキャプテン、やはりこの人はすごすぎる。レース前は、ヒルクライムは苦手だし登りは嫌いと言っていました。また、今回大会に初参加で初めてのコース。しかも激坂に対してノーマルクランク(一番軽いギアが39-25)。更には、この日の装備も雨が降りそうだったのでヘビー級のホイールでの出走でした。正直、激坂では、キャプテンとひょっとしたらいい勝負ができるんじゃ...と甘い考えをしてましたが、やっぱり甘かったですね。

NGOさん曰く、「キャプテンは規格外だから」

納得しました。
KRTくんは残念ながら、昨年よりもタイムを落としています。
2GEといえば、鳴かず飛ばずの結果でした。

レース前にNGOさんと話をしている際に、目標タイムどれくらいですか?と聞かれました。そういえば目標タイムなんて考えてなかったです。このコースで前回出したタイムとしては2時間。その時は上記の通りだったので、ウ〜ン1時間30〜40分ですかね?と(今思えばなかなかいい感覚)。
ゴール後みんなに、タイムどうでした?と聞かれるもサイコンのボタン押し忘れでラップが測定できていませんでした(笑)
このあたり、気合が足りていないというかなんというか...反省(◞‸◟) 結果、できることなら30分は切りたかったところです。そして、来年への目標ができました!
21462241_864552613713856_1453774417440106992_n.jpg

【キャプテンFacebookより】-----------------------------------
9月10日(日) 奈良県上北山村で開催された、「大台ケ原ヒルクライム」に参加して来ました。(長文です)
◆コースプロフィール
全長28km、標高差1240m。
中盤に平均勾配9.3%の坂が7.5km続く、日本屈指の激坂コースです。
2001年から開催されているヒルクライムイベントで、今回で第16回目開催。
会社の先輩の代理として、出場させて頂く事になりました。
【結果】
ロード:一般クラス(36-46歳)男
※代理なので^^;←33歳
順位:10位
タイム:1時間17分28秒168
◆レース前
MTB部門に出場するNGOさんと一緒に、10日午前1時30分頃に出発。
5時頃に会場へ到着し、トイレ、食事、準備を済ませ、荷物を預けに行きました。
下山時は気温が低い事が予想される為、防寒用アイテムをリュックに入れ、トラックでゴール地点まで運んで貰います。
その後、ローラー予定でしたが、出走までの時間に余裕がなかった為、公道を走る事にしました。
途中、天狗党ジャージを着た選手がいたので声をかけさせて頂きましたが、のちにとてつもない選手である事が判明。。。
スタートは7時12分。一般ロードの部で第5グループ。
約800人の参加選手達を各グループ毎に分け、2分台置きにスタートさせます。5グループはキッズを除いて、一番最後のグループでした。
◆第1セクション
スタートから約8kmまでは、平均勾配2〜3%。速度が速い状態で道幅が狭くなっていく為、接触回避の為に、常に前方に位置するようにしました。
当初は、チームメイトから借りたホイールでタイムを狙う予定でしたが、当日朝の雨予報に動じて、自分のホイール(ボントレガーのオーラ、アルミリム)で走る事にしました。その為、ヒルクライムは完全に筋トレモード。平坦を引きまくって、激坂で降りる予定だったので、序盤から先頭で引きまくりました。
途中2人の選手がローテに加わってくれた為、激坂区間突入の8kmあたりまで、18分くらいで走れました。5km地点までの平均速度は38km/hくらい。
◆第2セクション
激坂区間に入ると、一緒に来た2名に「ここからは自分のペースで行きます。2人共頑張って。」と声をかけ離脱。
2人は「ありがとうございました」と言ってくれました。その後2人は各々のペースで駆け上がって行きました(さすがに速くて付いてけない...)。
自分はノーマルクランクで、リアは11-25だったので、ギアは39-25固定でひたすら踏み込む展開へ。
本格的な激坂区間ではシッティングだけでは進めず、ダンシングで対応せざるを得ない状況になってしまいました。
前走グループの人達に「右側通ります」と声をかけながら、ひたすら踏み込みました。
You Tubeでコースをチェックしていましたが、実際に走ってみると想像以上の坂でした。
「あそこを曲がれば緩くなる(心の声」→(曲がる)→『ズッドーン!!』(緩くならない)
「あそこまで行けばさすがに終わるだろう...(心の声」→(曲がる)→『ズッドーン!!』(緩くならない)
そんなやりとりを幾度となく繰り返しながら、7.5kmの激坂区間をなんとか走りきる事が出来ました。
タイムは、33分34秒447(平均13.4km/h、全体で33位の成績)。
◆第3セクション
最後の約10kmは、大台ケ原ドライブウェイの一部を走ります。平均勾配は3〜4% 。途中に結構な下りもあり、中高速セクションとなります。
第2セクションでは、ほとんどギア固定で走った為、ここぞとばかりに変速し、速度を乗せるように意識して走りました。
下りでは40〜65km/h位の速度で、勢いをつけて上ることができ、先行させた2人のうち、1名に追いつく事が出来ました。
しかし、コースプロフィールをもっと理解出来ていれば、もっと力の入れ方を正す事が出来たのにと悔やみながらゴール。
◆レース後
ゴールした後は、大台ケ原ドライブウェイの駐車場にて、預けていた荷物を受け取り、食事やドリンクサービスを受け、下山しました。
下山に関しては、100名程度のグループに分け、時間を区切って下山します。
下山途中では、激坂区間前と途中で、計2回のストップがあります。
自分も初めての経験でしたが、ブレーキでホイールのリムが高熱になり、パンクする危険を回避する為に、放熱する時間を設けるらしいです。(←どんだけ〜ッ!)
下山後は、MTB部で優勝した長尾さんの表彰式待ち。
待っていると朝会った天狗党の人に会ったので、「どうでしたか?」と伺うと、チャンピオンクラスで2位との事。
タイムは1時間6分55秒。(オレより10分以上速い。。。)
後でNGOさんから「彼は全国区で超有名だぞ」と言われ、委縮してしまいました。(これからも応援してます(^^))
帰りは渋滞にハマりながら4時間程で愛知に到着。行き帰り全て運転して下さったNGOさん、本当にお疲れ様でした。
◆最後に
今回参加させて頂いた大台ケ原は、奈良県南部の山奥に位置する人口543人の上北山村にあります。
最寄駅まで車で1時間30分。
最寄のコンビニまで車で40分。
そんな土地でのイベントに、閑散としたイメージを持っていましたが、実際はスゴくアットホームなイベントでした。
沿道から声援を贈ってくれる沢山の地元の方々や、イベント進行を支えていたボランティアの方々。その気配りや対応は、今まで参加して来たイベントの中で最も素晴らしいと感じました。
来年は参加するか分かりませんが(←おい)、是非皆さんも一度訪れてみてはいかがでしょうか。
本当に素晴らしいイベントでした。
イベント運営の方々や、村民の皆さんに心から感謝したいと思います。
ありがとうございました。
以上
----------------------------------------------------------

21430400_1100742180056094_5236180990339810472_n.jpg

【KRTくんFacebookより】-----------------------------------
毎年出場のヒルクライム大台ヶ原。今年は調整不足で自己ベストより8分もダウン。
代走キャプテン?にも自己ベストを上回れてしまいました。体重が4kgほど増えていたのが悪かったし、今まで考えてなかったダイエットをしないとダメだ〜と感じました。
下山時、自分の自転車知り合いの大阪のチームと、名古屋のお店のメンバーと、会社の自転車部員とが視界に収まっていて、割と不思議な感じでした。
----------------------------------------------------------

今回大会でもお世話になりましたNGOさんですが、見事MTB部門で優勝されました。また、激坂区間賞でも優勝とホントに素晴らしい結果でした。おめでとうございます!
また、今回の大会に色々とアドバイスいただきありがとうございました。

キャプテンも書いてくれていますが、本当にこの大会すごくいい大会でした。
地域全体が一体となり、大会を盛り上げようとしてくれている感じがしました。ヒルクライムは、その地域の人の生活道を封鎖して行いますので地域の皆様のご協力がなければ、このように大会を開催することもできないでしょう。大会運営側の努力と頑張りが垣間見え、応援したいなと思わせてくれる最高大会でした!
21430332_864552557047195_6468709615889524292_n.jpg

そうそう、最後の最後ジャンケン大会がありました。
賞品はすごく豪華!
ガーミン(サイコン,腕時計タイプ)やら、OGKのセミエアロヘルメットにローラー台。そしてMAVICのキシリウムエリートと自転車乗りをくすぐる品ばかりでした。
2GEは、2回戦突破し前に行ったものの、子供の無欲に負け残念ながらボトルgetとなりました。


ジャンケン大会で、NGOさんとキャプテンに勝てた(笑)


来年もまた出よう!

posted by 0252 at 22:04| 愛知 ☁| ヒルクライム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする