2018年04月27日

2018 カレラキャンプ

こんにちは。2GEです。

今回の更新は、ちょっと私的なものです。

実家に帰るついでなのか、このイベントに参加するついでに実家に帰るのか?
多分後者ですね(笑)

30762702_1240750636055247_2328205813002272768_n.jpg
というわけで、輸入代理店のポディウムさんが企画する抽選で20名しか参加できないカレラキャンプ(ポディウムキャンプ)に参加してきました。冗談半分でまぁ当たらんだろう、無料やし当たったらラッキーかな?くらいで応募したら…当たっちゃいました(笑) その様子をお伝えしたいと思います。

カレラキャンプの「CARRERA」なんですが、ポルシェのカレラではありません。イタリアの自転車メーカーです。1989年に元プロ選手のダビデ・ボイファヴァ氏とルチアーノ・バラキ氏によって設立されました。ちなみに私が所有するロードバイク「CARRERA」なんです。

で、どんなイベントかというと、クラウディオ・キャプーチ氏と一緒にサイクリングできる。また、下りのテクニックを教えてくれるイベントです。スペシャルゲストを招いたCARRERAオーナー,購入を検討している人達のオフ会といったところ。

クラウディオ キャプーチ氏は、1990年代のクライマー。1992年のジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランスではミゲル インデュライン氏とマイヨジョーヌを争い総合二位だったり、山岳賞はツール2回、ジロ3回とイタリアの英雄です。で、オッサン自転車乗りのバイブル「シャカリキ!」の主人公、野々村テルのモデルは実はこの人だったとか。ほんと、知れば知るほどすごい人です。詳しくは、cyclistさんの記事(https://cyclist.sanspo.com/394752)を読んでいただきたい。
また、今回は特別にカレラのCEOのダヴィデ・ボイファヴァ氏も参加されました。


前日から、実家に帰省し当日現地(淡路島)入り。テンションが上がりっぱだったので1時間半前に到着してしまいました(*´▽`*)
31062173_1240577569405887_7557104762445889536_n.jpg
前日、メンテした際にクリートを調整したので具合を確認がてら1時間弱くらいその辺りを流しましたが天気も良く、いや、良すぎてこのままアワイチしたい感じです(まだやったことない)。サイクリストも多く道も綺麗に整備してあるのでサイクリングには凄く良いロケーションだと思いました。(そのうちまた来よう)

集合時間が近くなったので会場に戻ると参加者が結構集まってきてました。参加者の皆さんは、ほぼみんなカレラオーナー。なのですぐに仲良くなってしまいました。やはりCARRERAを選ぶ人とは少し違う自転車に乗りたいという方が多いのか、マニアックな方(2GE含む)もおられました。みんなイイ自転車乗ってますので、他の参加者の自転車に興味津々。色々情報交換をしたりしました。

集合時間になると、参加者はホールに集められ今回のイベントの説明を受けます。今回の目玉は、なんといってもキャプーチ氏の下りレッスン。キャプーチ氏と参加者2名が700mくらいの坂を登って、下って下りのテクニックをレッスンするというもの。
下りは苦手なので、教えてもらえると嬉しいです。

ひと通り今回のサイクリングルートやイベントの説明を聞き、サイクリングがスタート。なんとボイファヴァ氏も一緒に走られるとのこと、御年75歳(多分)と正直ビックリしました。
31369550_1244606542336323_8179559022442053632_n.jpg
淡路島のサンシャインホールを起点に北上、山の中に入っていきます。8%くらいの登りを少し登ったところで休憩。え、休憩早いな。て感じでしたが実力がマチマチなのでそれがベストですね。30kmのライドで休憩が3回ありました。

その後、レッスン場所に到着。キャプーチのレッスンが始まります。誰からいきますか?と言われたので、んじゃあ、お願いしますと。キャプーチ氏ともうお一方と坂を登ります。こっちのテンションはMAXだったので、俄然ペースが上がっちゃいます。でキャプーチ氏が「ピアノピアーノ」と。⁇ 雰囲気で多分ゆっくりと言ってた感じだったのでやむなくペースダウン。その時、キャプーチに補給食をあげました。で、なんか抑えた割に良いペースだったのか、キャプーチ氏、息切れてました(´∀`*)ウフフ。

で、下りレッスン開始。まずはキャプーチ氏の後ろにつき、ラインどりや膝の使い方の確認。流石にラインどりとかフォームとかすごい綺麗で参考になりました。下りきった後に、少しアドバイスがあり、重心位置はどの辺りにもってけばいいのか質問したら、「ニュートラル、自然に」とのアドバイス。変に力で倒しこむのではなく自然に倒していくと、非常に参考になりました。
https://youtu.be/vZVDUWWiUG4)サイスポさんより
先頭がキャプーチ氏、2番目が2GEです。

キャプーチ氏はコレを10組分+撮影用で2回繰り返しました、いや、50過ぎたオヤジがと思うと、凄いっすね。
31340524_1244600462336931_3760807354472333312_n.jpg


全員のレッスンが終わり、次の休憩場所まで移動。そこでは、トイレ休憩と全員での写真撮影。
その時、キャプーチ氏と写真を撮っていただきました。
31092122_1240750572721920_617038950481002496_n.jpg
左から、ダビデ・ボイファヴァ氏、マルコ・カンパニーニョ氏、クラウディオ・キャプーチ氏、2GE

その時、良い感じの脚をした女性参加者の方とお話させて頂きました。その方、なんと実業団選手。通りで、なかなか良いペースで走れると思ったんですよ。下りが苦手なのでこのイベントに参加してレッスンを受けたかったといわれておりました。


そこから、昼食場所のカフェチルコロへ。
30743462_1240750652721912_6751429375150784512_n.jpg

軽食と聞いていたけど、何やらしっかりとBBQでした。なんと、準備されていたのはシュラスコと和牛。
31122749_1240750549388589_3279665824981319680_n.jpg

そう、やはりカレラ乗りは、肉にはうるさいのです。
31086778_1241403819323262_3834295451792703488_n.jpg

BBQを堪能し、ひと段落ついたところ、ダヴィデ氏の貴重映像を交えた昔話。若かりしころトロッフェバラッキ(120km2名でTT)で、エディメルクスとコンビを組みその時、60キロ地点でトップタイムをマークするも、メルクスがハンガーノックで終盤ダヴィデがひく展開。残念ながら3位となってしまった話。
31070857_1241012412695736_6811176648025571328_n.jpg
また、キャプーチ氏はミラノサンレモで全工程で300kmのところ150kmでアタックをかけ逃げ切ったと言う話でした。ビデオ見ながらの解説が非常に面白かったです。

また、この会場には発表されたばかりのカレラのニューモデル「フィブラNEXT」が展示されておりました。
31068991_1240750566055254_2490739792233365504_n.jpg 30715660_1240750579388586_593518945063927808_n.jpg
フィブラはやはりカッコいい!

お腹もいっぱいになり、サンシャインホールへ。道中、ダヴィデCEOの後ろだったのでメルクス気分を堪能させていただきました(๑˃̵ᴗ˂̵)
にしても、おんとし74,5歳の方が一緒にサイクリングすると言うのも驚きですが、さらに驚きはそのペダリングの滑らかさ。一切のブレがなく無駄な力も入らず全て推進力へと変換できているあの感じはなんとも言えない、いいもの見せてもらいました。今思えば、ビデオでとっておけばよかったorz

そしてサンシャインホールへ到着し、解散となったのですが、今回着けていたヘルメット、ジャージ、ボトルはその場でジャンケン大会となり争奪戦となりました。着ていたジャージは流石に洗濯後サインを書いて郵送してもらえるそうです。
一回目のじゃんけんで、な、なんと、勝ってしまいヘルメットをゲットしました(๑˃̵ᴗ˂̵)
もちろん、ボイファヴァ氏とキャプーチ氏、なんでかカンパニーニョ氏(カレラの営業で元プロ)にもサインをもらいました。これだけでも参加した価値ありでした。
31077220_1241012396029071_1539688553766715392_n.jpg

以上、ということで後ろ髪を引かれる思いで会場を後にしました。

主催者の方々、参加者の方々、充実した一日、一生の思い出をありがとうございました。また、サイスポの皆様もお疲れ様でした。
というわけで、この模様はサイクルスポーツ2018年7月号(5月20日発売)掲載されます。楽しみです(^o^)丿

サイスポさんの記事へのリンクはこちら
https://www.cyclesports.jp/depot/detail/95584
集合写真でちゃっかりセンターをキープ(笑)


  
posted by 0252 at 22:05| 愛知 ☁| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

2018伊吹山ヒルクライム リザルト

今年もやってまいりました、伊吹山ヒルクライム!
伊吹山が始まると、ヒルクライムシーズンも始まります!

今年は、ツールドモリコロの次の日4/15(日)に開催となりました。そのため、竹田設計自転車部のメンバーは分断。ヒルクライム組とモリコロ組に分かれました。今年はどうも天気が悪く雨との予報、果たしてどうなったのでしょうか?
30715643_2100821616868665_6896284860969648128_n.jpg


竹田設計自転車部からは、KDEくん、KRTくん、すぱ太郎さん、と今回KYMくんが部でのレースの初陣となります。

【リザルト】
エキスパート
21位/23名 KYMくん   Time48:30.154 Top+19:06 Ave13.23km/h

男子D
DNS   KDEくん

男子E
29位/292名 KRTくん   Time37:13.544 Top+05:13 Ave17.24km/h

男子G
95位/267名 すぱ太郎さん  Time45:22.043 Top+10:43 Ave14.15Km/h


KDEくんは残念ながら、大事をとってDNS。雨と寒さはモチベーションが上がらないですもんね。
KYMくんのエキスパートでエントリーには、ちょっとびっくり!なぜに?
KRTくんはさすがに安定していますが、次回に期待です!
そしてすぱ太郎さん。今回ヒルクライム初挑戦!素晴らしい結果です。

【すぱ太郎さんFacebook】------------------------------------------------------------
本日は高2の末っ子と伊吹山ヒルクライム参加してまいりました!(^▽^)/
私は去年の雨のモリコロ耐久落車骨折してしまい、まだレースで完走したことがないんです!なので「雨のレース」と聞くと緊張しました。憂鬱な一週間でした( ノД`) この呪縛を破るのが今回の個人的ミッションです!(-_-;)
雨と風が予想されて前日には短縮コースが決定し私もDNFを覚悟しておりましたが、ヤフー天気予報によると朝の9時には曇りの予報...「ひょっとして登れるかも(・∀・)」と、欲が出てしまい現地に向かいました!でも、やはり雨止まない。。。末っ子は男子A組でスタートが早いので雨の中のスタートとなりました。かわいそう。。。
が!日頃の行いか哀れな中年オヤジ達への神様の情けか私たちG組(爺さん組の「G」!)のスタート時間10時36分になると青空がのぞいてるではありませんか!爺さんたち一同で大喜び!ヽ(^。^)ノ
末っ子たちのスタートから待たされること1時間我ら男子G組!やっと出走となりました!普段、会社の「若くでバリバリの先輩たち」にシゴカレてヒイヒイ言ってる小生は、周りが同世代の「オヤジ」ばかりなのに歓喜!「これなら仲良く登れる!」(⌒∇⌒)
そしてスタート!!私は遠慮して最終組のそれまた最終の位置に並びました(;・∀・)…あれれ?意外と皆様ゆっくりペース。。。私は初心者で初陣なのでペースがわからない。でも「やっぱり遅すぎじゃね?」なんて調子こいて、一気に抜きにかかりました。その後は抜く一方!なにせ、ほぼラストスタートですから。(;´∀`)
当初サイコンで勾配とか上昇率とか見ていましたが、レースなので余裕もなく、見るのはもっぱら心拍のみ!170を上限にして、それを超えたらペースダウン。ポラールのキャッチコピー『リッスン ツー ユア ボディ』です!意外とこれだけで走れました。
が!一人、爺様が良いペースで抜いていきました!「あっ!この爺様『仮想ライバル』に決定!」と勝手に決めつけ、後ろにロックオン!爺様がドンドンパスしていってくれるので、ひたすら食らいつきました。爺様が回収車に阻まれてスローダウンした隙に爺様をパス!ヽ(^。^)ノ!!そして、ゴール近くの僅かな下りでおもいっきり加速してブッチ切り。。。。と思いきや、爺様は後ろに張り付いていました(;'∀')。そして10%勾配の看板があるところで爺様がダンシングを開始して前へ。わたしは「なにはりきってんだよ〜!こっちの身にもなってくれよ〜」と追撃を始めましたが、なんと目の前にゴールの計測があるではありませんか!「やられた!というか私は全然コースしらないんだねぇ」と思いました(;^ω^)。
...ゴールしてその爺様と握手!爺様も私がへばりついていたのをご存知でした(^^;
ラストからのスタートでしたので、レース中に抜かれたのはこの見ず知らずの爺様だけに留まりました!『仮想ライバル爺様』ありがとう!ヽ(^。^)ノ
爺様は「45分きれなかったのが残念」とのお話。ほ〜!短縮コースでは45分を切るのが一つの目安なのかもしれませんね。わたしのリザルトは45分22秒045 。G組エントリー496名中95位。まあまあ満足(⌒∇⌒)
言い訳をすると、冬ジャージ厚着し過ぎました!カッパ着て登っている人はさておき、私みたいに冬ジャージ着て走っている人はあまり見かけなかったような。。ι(´Д`υ)アツィー「寒いから着こもう」って、私は「荷物をトラックで上げてくれる」の意味を正しく理解していなかったかもしれませんね(;^ω^)来年はもう少し薄着で登ります!
末っ子は、男子A組 エントリー119名中31位。やるじゃねーか!37分31秒825
で、末っ子曰く「で?次はどのレース出る?」だってさ!( ´艸`)
30726380_2100823270201833_281684665603981312_n.jpg

------------------------------------------------------------



【KRTくんFacebook】------------------------------------------------------------
今日は伊吹山ヒルクライム大会に参加しました。
去年と同じで天気予報は雨だったのが当日覆る変な天気。ただ今回は強風にて距離短縮。確かにいろいろヤバい風でした。
大会運営の人は大変そう。コースとしてはどちらかと言えば追い風で、下りが煽られそうでした。

結果はクラス30位。今までのワースト記録。そこそこ練習したつもりでしたが、体調管理が悪く、寝不足。アップを省くと言った適当な態度が駄目だったのかも。

ゴールして、同じ会社の後輩の栗山君に声掛けられる。初参加なのに、間違えてエキスパートクラスにエントリーしてしまったそうで、いろいろ大変?だったの事。まあそんな時もあるみたいな話で面白い。
降りは、空気圧調整でエア抜いたら、バルブの締めが緩くてスローパンク。慌ててハンドポンプで低圧入れて何とか下山でした。

大会に出る度に、前を抜く人に「どうしたら追いつけるのか?」と疑問を抱くのは同じで、どうにも進歩が無い。「走る事が楽しいから一杯走って力試し」というテンションでは、結果は落ちるだけっていう事で、ストイックに成れるか問題。

とは言え今日は酒飲んで寝ます。
30704414_979617898873993_5382537682037506048_n.jpg

------------------------------------------------------------

皆さんお疲れ様でした。風邪などひかぬよう気を付けてください!




posted by 0252 at 00:19| 愛知 | ヒルクライム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

2018 ツール・ド・モリコロ リザルト

お疲れ様です。2GEです。
明日はお休みいただいて、実家に帰ります。と、その前にブログの更新をしようかと。
また、なんでこんな中途半端な時期に実家に帰るのか?今度記事にしますのでお楽しみに!

今回の更新は、4/14(土)に行われたツール・ド・モリコロリザルトです。

エントリーしたのは、チームTがキャプテン、IUEくん、ENDくん、そしてチームKがMMTくん、SMGくん、SBYくんです。すぱ太郎さんと私は、今回応援です。さらに今回もキャメラマンMMTくんが写真を撮ってくれることに。いつもありがとうございます!

また、キャプテンの所属するチームPLUS ULTRAから、いつもお世話になっているNGOさんとチームメンバーの方がが差し入れをもって応援に来てくださいました。本当にありがとうございます。

例によって例のごとく、いつもの場所に陣取りました。

準備を始めたわけですがキャプテンが何やらゴソゴソ。OUTWETのニーアーマー装着!
どうしたん?それ、と聞くと、秋スぺの景品なんですよ(´∀`*)ウフフ となにやら自慢げ。

2GEさんローラー借りますと、いいローラーでアップ開始。と思った瞬間、いきなりストップし、何やらまたゴゾゴソ。
IMG_3007.JPG

何⁉どうしたん??と聞くと、「締りすぎて、痛いっす。」と言ってニーアーマーを脱いでました。
これを見て2GE、大爆笑!! わはははははははははははははっ!

太もも太すぎやし!

で、そのニーアーマーを試着させてもらうと、2GEでジャストサイズ。確かにこれはキャプテンにはきついかも。というわけでOUTWETのニーアーマーは2GEがおいしくいただきました。

そして、SBYくん。なんと、ついこの間新車を買ったとのことで今回初お披露目
DSC_1850.JPG
カッコいい‼ これからガシガシ乗り込んで上を目指していきましょう!


【リザルト】
カテゴリ 3時間チームエンデューロ
2位/19チーム 竹田設計自転車部 チームT Lap23 Time3:06:42.403 Top+03:34.812
6位/19チーム 竹田設計自転車部 チームK Lap19 Time3:06:01.712 Top-4 LAP

IMG_7230.JPG

な、なんと両チームともに入賞!!!!!

すごいです...。


あれ?
4位から6位までのチームがいません。

キャプテン、IUEくん、2GEは後片付け等でいつも陣取っている場所でダラダラとしていました。で、順位が気になってメイン会場に行ったらちょうど結果が貼りだされたところでした。で、結果を見てびっくり「2位だ!、やったー!」に気を取られ6位の存在が全くのノーマーク。表彰式が始まって、6位が呼ばれた時には時すでに遅し。その場にSMGくんとSBYくんはいない...。まいったなぁ。

表彰式が終わり、電話でSMGくんに電話。どこにいる?の問いに

「車です」


…なぜ?

というわけで、おそらく表彰台に立てなっかった彼らが一番悲しいと思いますので、これくらいにしておきましょう。
次からは、必ず結果を確認しよう!


レース前の試走です。
SBYくんはモリコロ初レースなのでしっかり試走しました。
IMG_6850.JPG

レース開始後さすがキャプテンは先頭集団でいいポジションを陣取ります。
IMG_6915.JPG
ですが、靴を買った際にクリートの位置を後ろに下げたため脚が攣ってしまい、交代を余儀なくされました。

【キャプテンFacebookより】------------------------------------------------------------
昨日、バイクナビグランプリ 第9回 ツール・ド・モリコロパークに会社の自転車部で参加して来ました。
参加カテゴリは、3時間耐久の部。
ソロではなく、チームでの参加でした。
結果はチームの部で2位。
最後まで後輩社員と頑張った成果ではございますが、ぼく自身のレース内容は散々たる内容でした。
と言うのも、スタートしてわずか2周目からふくらはぎが攣るという展開だったからです(。-∀-)
それ以降は、ずっと攣り祭り。(ワッショイ)

※以下 全て言い訳です
自分でも始めは理由が分からず、レースそっちのけでポジション変えたり、踏み方を変えたりしましたが、ふくらはぎは他人の脚の様に、制御出来ませんでした。
体調は良いし、補給も十分取ったし、前日は自転車通勤も自粛したし。σ(^_^;)
参加選手達はとても強く、経験も豊富な方が多かったので、レース中はとても楽しかったです。
しかし、もっと走りたいと思う気持ちが膨らむ一方、ふくらはぎは固く硬直し、ますます自分で制御出来ない状態になりました。
結局、異変の原因と思われるクリート位置問題に気付いたのは40分経過後くらいでした。
最近シューズを購入した際に、お世話になってるショップでシューフィッターを実施して頂きましたが、その際に大きな位置変更をしてました。
その位置はとても新鮮で、力が伝わる感じがとても強かった為、感覚になれるよう1週間前から通勤でもレース用シューズを試してました。
しかし、レースレベルでは自分のペダリングが対応できておらず、ふくらはぎを攣らせてしまう結果になったと考えました。
騙し騙し乗る事1時間。
ふくらはぎが硬直する時間が長くなって来たので、後輩へ交代のサインを出しました。
自分は「2時間くらい走る」と言ってたので、準備も十分に出来ない状態で交代させる結果になってしまいました。
(本当に申し訳なかった)
即座にクリート位置を元に近い位置に戻しローラー。
少し違和感が減ったので、最後の1時間を走る事にしました。
それからは1時間一人旅。
ふくらはぎが硬直したら片足ペダリングで。
もう何が正しいのか分からない状態になっちゃいましたが、最後まで走りきる事が出来ました。

会社の皆んなも無事に完走。

これから少しずつ、再調整していきます。
参加した皆さんお疲れ様でした。次回は、不甲斐ない姿を見せない様に頑張りますので、また宜しくお願いします(。-_-。)
IMG_7134.JPG
------------------------------------------------------------

不甲斐ないだなんて、とんでもない!
なんだかんだありながらも、ネタと結果を出してくれるから頼りになります。これからもよろしく!

SMGくん!頑張ってね!
IMG_6910.JPG

IUEくん、練習不足と言ってましたがいけるじゃないですか!
IMG_7106.JPG


そして、今回のベストショット!SMGくん撮影
30697956_2129926147236462_8551787598715027456_n.jpg
集団から飛び出し、優勝ゴール!  のような一枚!




チームでのシーズン初戦、全員落車もなく無事完走! そして幸先の良い結果が残せたと思います!
この調子で頑張っていきましょう‼



このOUTWETってひよっとしてアームカバー、Lサイズなのか??


posted by 0252 at 23:08| 愛知 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする