2019年09月14日

2019 大台ケ原ヒルクライム

ちわっす(=゚ω゚)ノ 2GEです。

本日の更新は、9/8(日)に行われました、大台ケ原ヒルクライムです。
距離28km、標高差1,240mの国内屈指の難コース。単純なヒルクライムではなく、川沿い平坦基調から激坂、そしてアップダウンというバラエティーに富んだコースです。今回は竹田設計からはKRTくんとキャプテンが参加です。

69586418_1299733763529412_2737221243726987264_n.jpg

キャプテンですが、機材は決戦用のカーボンホイール、さらに前日入り(車中泊だけど)と万全の体制で「表彰台を狙いに行きます!」との意気込みで挑みます。昨年、一昨年と意外に登れちゃう才能が開花してしまったキャプテンには期待せずにはいられません。
果たして結果やいかに?


【リザルト】
ロード:一般クラス(26歳〜35歳)
4位/85名   キャプテン Time1:15:29.666  Top+2:41.936  Ave.22.25km/h

ロード:一般クラス(36歳〜45歳)
57位/123名  KRT    Time1:31:42.560  Top+17:16.771  Ave.18.32km/h


KRTくんは落車や機材トラブルと残念ながらついてませんでしたが、その割に一昨年の私のタイムと変わんないから、やっぱ速い!
そしてキャプテンは、なんと入賞!! 残念ながら表彰台まで1分15秒足りませんでしたが、さすがはキャプテン!やってくれました!

69621515_2383844425032078_2472423040911147008_o.jpg
なんか、一人だけ体型が違うぞ!(笑)


【KRTくんSTRAVAより】---------------------------------------------------
朝からウェット路面で今年は平坦区間で単体落車。気を取り直しても激坂区間でリアロー側でチェーン落ち、曇ると思って外してたサングラスを一度落としたり散々。
今年は平日の運動習慣が欠けた事によりタイムは全盛期より10分以上遅れた。
下りは激坂区間で石を踏んでスローパンク。歩いて降りていたら回収車で下山出来ました。
チューブラータイヤのデメリットを感じ、機材に悩みが増えました。



【キャプテンFacebookより】---------------------------------------------------
日曜日は、第18回ヒルクライム大台ケ原に参加して来ました。
2年前に初めて出場し、今年で3回目。

標高差1240mを28kmかけて登るのですが、平坦、登り坂、アップダウンが組み合わさっており、ロードレース要素の強いコースレイアウトも特徴です。

2年前は、1時間17分28秒。
1年前は、1時間17分38秒。

…今年は如何に!?

【結果】
一般クラス 26〜35歳の部
タイム : 1時間15分29秒
順位 : 4位

今回初めて、表彰ステージに上がることが出来ました。
しかし念願の表彰台(1〜3位が乗れる切り株)には乗れず。
ちょっと悔しい結果に。

簡単ですが、レース展開を以下に示します。

【第1セクション 平坦区間】
今回は第1グループスタートだったので、前走者も少なくコースの位置どりも比較的ラクに走ることが出来ました。

一般クラスのカテゴリは、第1〜第5に別れており、2分間隔でスタートします。
必然的に、後ろのグループスタートで速いペースの人は、沢山の人を抜かなければなりません。
今までスタートが第5グループだったので、今年はとても走りやすかったです。

しかも、去年秋SPのアタック240で3位だったガタイの良いユーロワークスの人が、同じチームの人のアシスト?として参加してたみたいで、序盤から鬼引き開始。

まさに肉弾列車。
緩やかな登り基調の序盤を40km/h以上で走る。(速えぇ……)

路面は雨で濡れてて所々危なかったけど、前方での位置どりと声かけで、無事に激坂区間へ突入。
ここまでで約18分。(ありがとうございました)

【第2セクション 激坂区間】
激坂区間では、ひたすら軽いギアで回すのみ。
この区間も第1グループだと走りやすい。但し、前走者の少ないコースに安堵するも、

キツイもんはキツイ。

自分はノーマルクランクなので、39-25がマイバイクの姫ギア。
ひたすら踏み込むペダリングで、グレーチングや落下物に気をつけながら、周りのペースに流されないよう自分のペースを維持します。

勾配がキツくなると速度を落とし、緩くなる区間で少し速度を上げられるようなペースで走りました。
脚を休めようとダンシングするとリアが滑る為、落車しないように上半身や脚全体の筋肉を使うように意識。
ペースは第3セクションに向けて、気持ち抑え目。
このセクションは33分半くらいで通過。

【第3セクション アップダウン区間】
最後となる第3セクションは、山頂付近を走るドライブウェイを走ります。
道幅は広くなり、比較的走りやすいです。しかし、アップダウンが結構激しい為、コースを読み違えると無い脚がどんどん削られます。

数名でパックになったりしましたが、なかなかペースが合わず、上りでちぎれたり、平坦&下りで追いついたり。
協調性の無い走りをするしか無いので、申し訳無かったです。
最後の下り区間では72km/hまで加速し、小集団から抜け出す形で前走者を追いました。

その後は、"前走者が見えたら追う"を繰り返し、後ろから抜かれないように気をつけながら、なんとかゴールに到着。
このセクションは24分くらい。

その後は、上の駐車場で下山準備&にゅうめん食べまくり。

…色々ありましたが、やはり上りの練習も必要だなと感じました。(毎回思う)

コンパクトクランクに28丁が有ったら、少しは走り易くなるかな?
来年は3位以内目指して、また頑張ります。

沿道から声援を送ってくれた村民も方々や、運営の方々、毎年本当にありがとうございます。

今度は仲間と前泊できたら良いな。
ではでは(ヾノ・∀・`)

---------------------------------------------------


じゃんけん大会どうなった〜??
うーん、来年は参加するかな...。

posted by 0252 at 23:15| 愛知 ☁| ヒルクライム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする