2018年04月20日

2018伊吹山ヒルクライム リザルト

今年もやってまいりました、伊吹山ヒルクライム!
伊吹山が始まると、ヒルクライムシーズンも始まります!

今年は、ツールドモリコロの次の日4/15(日)に開催となりました。そのため、竹田設計自転車部のメンバーは分断。ヒルクライム組とモリコロ組に分かれました。今年はどうも天気が悪く雨との予報、果たしてどうなったのでしょうか?
30715643_2100821616868665_6896284860969648128_n.jpg


竹田設計自転車部からは、KDEくん、KRTくん、すぱ太郎さん、と今回KYMくんが部でのレースの初陣となります。

【リザルト】
エキスパート
21位/23名 KYMくん   Time48:30.154 Top+19:06 Ave13.23km/h

男子D
DNS   KDEくん

男子E
29位/292名 KRTくん   Time37:13.544 Top+05:13 Ave17.24km/h

男子G
95位/267名 すぱ太郎さん  Time45:22.043 Top+10:43 Ave14.15Km/h


KDEくんは残念ながら、大事をとってDNS。雨と寒さはモチベーションが上がらないですもんね。
KYMくんのエキスパートでエントリーには、ちょっとびっくり!なぜに?
KRTくんはさすがに安定していますが、次回に期待です!
そしてすぱ太郎さん。今回ヒルクライム初挑戦!素晴らしい結果です。

【すぱ太郎さんFacebook】------------------------------------------------------------
本日は高2の末っ子と伊吹山ヒルクライム参加してまいりました!(^▽^)/
私は去年の雨のモリコロ耐久落車骨折してしまい、まだレースで完走したことがないんです!なので「雨のレース」と聞くと緊張しました。憂鬱な一週間でした( ノД`) この呪縛を破るのが今回の個人的ミッションです!(-_-;)
雨と風が予想されて前日には短縮コースが決定し私もDNFを覚悟しておりましたが、ヤフー天気予報によると朝の9時には曇りの予報...「ひょっとして登れるかも(・∀・)」と、欲が出てしまい現地に向かいました!でも、やはり雨止まない。。。末っ子は男子A組でスタートが早いので雨の中のスタートとなりました。かわいそう。。。
が!日頃の行いか哀れな中年オヤジ達への神様の情けか私たちG組(爺さん組の「G」!)のスタート時間10時36分になると青空がのぞいてるではありませんか!爺さんたち一同で大喜び!ヽ(^。^)ノ
末っ子たちのスタートから待たされること1時間我ら男子G組!やっと出走となりました!普段、会社の「若くでバリバリの先輩たち」にシゴカレてヒイヒイ言ってる小生は、周りが同世代の「オヤジ」ばかりなのに歓喜!「これなら仲良く登れる!」(⌒∇⌒)
そしてスタート!!私は遠慮して最終組のそれまた最終の位置に並びました(;・∀・)…あれれ?意外と皆様ゆっくりペース。。。私は初心者で初陣なのでペースがわからない。でも「やっぱり遅すぎじゃね?」なんて調子こいて、一気に抜きにかかりました。その後は抜く一方!なにせ、ほぼラストスタートですから。(;´∀`)
当初サイコンで勾配とか上昇率とか見ていましたが、レースなので余裕もなく、見るのはもっぱら心拍のみ!170を上限にして、それを超えたらペースダウン。ポラールのキャッチコピー『リッスン ツー ユア ボディ』です!意外とこれだけで走れました。
が!一人、爺様が良いペースで抜いていきました!「あっ!この爺様『仮想ライバル』に決定!」と勝手に決めつけ、後ろにロックオン!爺様がドンドンパスしていってくれるので、ひたすら食らいつきました。爺様が回収車に阻まれてスローダウンした隙に爺様をパス!ヽ(^。^)ノ!!そして、ゴール近くの僅かな下りでおもいっきり加速してブッチ切り。。。。と思いきや、爺様は後ろに張り付いていました(;'∀')。そして10%勾配の看板があるところで爺様がダンシングを開始して前へ。わたしは「なにはりきってんだよ〜!こっちの身にもなってくれよ〜」と追撃を始めましたが、なんと目の前にゴールの計測があるではありませんか!「やられた!というか私は全然コースしらないんだねぇ」と思いました(;^ω^)。
...ゴールしてその爺様と握手!爺様も私がへばりついていたのをご存知でした(^^;
ラストからのスタートでしたので、レース中に抜かれたのはこの見ず知らずの爺様だけに留まりました!『仮想ライバル爺様』ありがとう!ヽ(^。^)ノ
爺様は「45分きれなかったのが残念」とのお話。ほ〜!短縮コースでは45分を切るのが一つの目安なのかもしれませんね。わたしのリザルトは45分22秒045 。G組エントリー496名中95位。まあまあ満足(⌒∇⌒)
言い訳をすると、冬ジャージ厚着し過ぎました!カッパ着て登っている人はさておき、私みたいに冬ジャージ着て走っている人はあまり見かけなかったような。。ι(´Д`υ)アツィー「寒いから着こもう」って、私は「荷物をトラックで上げてくれる」の意味を正しく理解していなかったかもしれませんね(;^ω^)来年はもう少し薄着で登ります!
末っ子は、男子A組 エントリー119名中31位。やるじゃねーか!37分31秒825
で、末っ子曰く「で?次はどのレース出る?」だってさ!( ´艸`)
30726380_2100823270201833_281684665603981312_n.jpg

------------------------------------------------------------



【KRTくんFacebook】------------------------------------------------------------
今日は伊吹山ヒルクライム大会に参加しました。
去年と同じで天気予報は雨だったのが当日覆る変な天気。ただ今回は強風にて距離短縮。確かにいろいろヤバい風でした。
大会運営の人は大変そう。コースとしてはどちらかと言えば追い風で、下りが煽られそうでした。

結果はクラス30位。今までのワースト記録。そこそこ練習したつもりでしたが、体調管理が悪く、寝不足。アップを省くと言った適当な態度が駄目だったのかも。

ゴールして、同じ会社の後輩の栗山君に声掛けられる。初参加なのに、間違えてエキスパートクラスにエントリーしてしまったそうで、いろいろ大変?だったの事。まあそんな時もあるみたいな話で面白い。
降りは、空気圧調整でエア抜いたら、バルブの締めが緩くてスローパンク。慌ててハンドポンプで低圧入れて何とか下山でした。

大会に出る度に、前を抜く人に「どうしたら追いつけるのか?」と疑問を抱くのは同じで、どうにも進歩が無い。「走る事が楽しいから一杯走って力試し」というテンションでは、結果は落ちるだけっていう事で、ストイックに成れるか問題。

とは言え今日は酒飲んで寝ます。
30704414_979617898873993_5382537682037506048_n.jpg

------------------------------------------------------------

皆さんお疲れ様でした。風邪などひかぬよう気を付けてください!




posted by 0252 at 00:19| 愛知 | ヒルクライム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

第6回菰野ヒルクライムチャレンジin鈴鹿スカイライン リザルト

最近めっきり暖かくなってきて、日焼けにも気を付けなくなってきました2GEです。

今回の更新は、3/25(日)に行われた第6回菰野ヒルクライムのリザルトです。
今年も毎年参加しているKDEくんが参加です。
29543149_883806325123860_1668830892242756501_n.jpg

今年は、こんな暖かい菰野は初めて(KDEくん談)というくらい暖かかったみたいです。非常に良いヒルクライム日和だったみたいですが、果たして結果は?

【リザルト】
ロードC 35〜39歳
13位/118名 Time 29′19″490   Ave 16.36q/h

いやいや、さすがですよ。
本人、痩せねばと言ってましたが、やっぱすごいです。
次回、伊吹山ヒルクライムに期待してしまいます(*´▽`*)

posted by 0252 at 22:18| 愛知 | ヒルクライム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

第16回 大台ケ原ヒルクライム リザルト

2GEです。

今回の更新は9/10(日)に行われた、大台ケ原ヒルクライムリザルトです。
21557911_1100246696772309_850142802185728514_n.jpg

竹田設計自転車部からは、KRTくん,2GEです。
KDEくんが参加の予定でしたが、5ステージスズカの落車の影響で参加を取りやめ。代わりにキャプテンが代走することになりました。

この大会は今年で16回目、日本屈指のヒルクライムになります。コースプロファイルは下記のキャプテンFacebookよりを見てください(←手抜き)

一昨年、私のチームの人と吉野側から大台ケ原までサイクリングをした際に、激坂以降で合流するコースを走りました。合流してからは、雨脚が強くなり雨がひどくずぶぬれになり、夏なのにガタガタ震えながら上の食堂でうどんをすすりました。その時の食堂のおばちゃお姉さんのやさしさ、温かさは忘れられません。
また、昨年は今大会と全く同じコースをチームメンバーとサイクリングとして走りました。その際は、不覚ながら激坂にて足をついて休憩しまいました。腰も痛かったし、ノーマルクランクだったし...。激坂が終わり霧がひどく視界がほぼゼロに、雨は降らなかったもののかなりびしょ濡れになりました。上で食事をしようと思ったらその日は食堂がお休みでした。途中休憩したこともあり、タイムは2時間越え
(´;ω;`)
 今となっていは良い思い出です。
 
ということで、この大会は前から興味がありました。地元奈良(といっても実家から2時間)の大会でしたから。また昨年、いつもお世話になっているPLUS ULTRAのNGOさんからもお誘いがあり、参加を決意しました。もちろんコンパクトクランクに換装しての出走です。

さて、結果や如何に?

【リザルト】 
カテゴリ ロード36歳〜45歳
 キャプテン 10位/177名 (総合33位/618名)  Time1:17:28.168 Top+4:18.181 Ave.21.69km/h
           激坂区間 33位/578名   Time33:34.447 Top+7:03.007 Ave.13.40km/h

 KRT    38位/177名 (総合111位/618名) Time1:25:22.676 Top+12:12.689 Ave.19.68km/h
           激坂区間 105位/578名  Time37:51.812  Top+11:20.372 Ave.11.88km/h

 2GE    77位/177名 (総合211位/618名) Time1:31:59.953 Top+18:49.966 Ave.18.26km/h
           激坂区間 178位/578名  Time40:27.427  Top+13:55.987 Ave.11.12km/h

3人とも頑張りました!
特筆すべきはキャプテン、やはりこの人はすごすぎる。レース前は、ヒルクライムは苦手だし登りは嫌いと言っていました。また、今回大会に初参加で初めてのコース。しかも激坂に対してノーマルクランク(一番軽いギアが39-25)。更には、この日の装備も雨が降りそうだったのでヘビー級のホイールでの出走でした。正直、激坂では、キャプテンとひょっとしたらいい勝負ができるんじゃ...と甘い考えをしてましたが、やっぱり甘かったですね。

NGOさん曰く、「キャプテンは規格外だから」

納得しました。
KRTくんは残念ながら、昨年よりもタイムを落としています。
2GEといえば、鳴かず飛ばずの結果でした。

レース前にNGOさんと話をしている際に、目標タイムどれくらいですか?と聞かれました。そういえば目標タイムなんて考えてなかったです。このコースで前回出したタイムとしては2時間。その時は上記の通りだったので、ウ〜ン1時間30〜40分ですかね?と(今思えばなかなかいい感覚)。
ゴール後みんなに、タイムどうでした?と聞かれるもサイコンのボタン押し忘れでラップが測定できていませんでした(笑)
このあたり、気合が足りていないというかなんというか...反省(◞‸◟) 結果、できることなら30分は切りたかったところです。そして、来年への目標ができました!
21462241_864552613713856_1453774417440106992_n.jpg

【キャプテンFacebookより】-----------------------------------
9月10日(日) 奈良県上北山村で開催された、「大台ケ原ヒルクライム」に参加して来ました。(長文です)
◆コースプロフィール
全長28km、標高差1240m。
中盤に平均勾配9.3%の坂が7.5km続く、日本屈指の激坂コースです。
2001年から開催されているヒルクライムイベントで、今回で第16回目開催。
会社の先輩の代理として、出場させて頂く事になりました。
【結果】
ロード:一般クラス(36-46歳)男
※代理なので^^;←33歳
順位:10位
タイム:1時間17分28秒168
◆レース前
MTB部門に出場するNGOさんと一緒に、10日午前1時30分頃に出発。
5時頃に会場へ到着し、トイレ、食事、準備を済ませ、荷物を預けに行きました。
下山時は気温が低い事が予想される為、防寒用アイテムをリュックに入れ、トラックでゴール地点まで運んで貰います。
その後、ローラー予定でしたが、出走までの時間に余裕がなかった為、公道を走る事にしました。
途中、天狗党ジャージを着た選手がいたので声をかけさせて頂きましたが、のちにとてつもない選手である事が判明。。。
スタートは7時12分。一般ロードの部で第5グループ。
約800人の参加選手達を各グループ毎に分け、2分台置きにスタートさせます。5グループはキッズを除いて、一番最後のグループでした。
◆第1セクション
スタートから約8kmまでは、平均勾配2〜3%。速度が速い状態で道幅が狭くなっていく為、接触回避の為に、常に前方に位置するようにしました。
当初は、チームメイトから借りたホイールでタイムを狙う予定でしたが、当日朝の雨予報に動じて、自分のホイール(ボントレガーのオーラ、アルミリム)で走る事にしました。その為、ヒルクライムは完全に筋トレモード。平坦を引きまくって、激坂で降りる予定だったので、序盤から先頭で引きまくりました。
途中2人の選手がローテに加わってくれた為、激坂区間突入の8kmあたりまで、18分くらいで走れました。5km地点までの平均速度は38km/hくらい。
◆第2セクション
激坂区間に入ると、一緒に来た2名に「ここからは自分のペースで行きます。2人共頑張って。」と声をかけ離脱。
2人は「ありがとうございました」と言ってくれました。その後2人は各々のペースで駆け上がって行きました(さすがに速くて付いてけない...)。
自分はノーマルクランクで、リアは11-25だったので、ギアは39-25固定でひたすら踏み込む展開へ。
本格的な激坂区間ではシッティングだけでは進めず、ダンシングで対応せざるを得ない状況になってしまいました。
前走グループの人達に「右側通ります」と声をかけながら、ひたすら踏み込みました。
You Tubeでコースをチェックしていましたが、実際に走ってみると想像以上の坂でした。
「あそこを曲がれば緩くなる(心の声」→(曲がる)→『ズッドーン!!』(緩くならない)
「あそこまで行けばさすがに終わるだろう...(心の声」→(曲がる)→『ズッドーン!!』(緩くならない)
そんなやりとりを幾度となく繰り返しながら、7.5kmの激坂区間をなんとか走りきる事が出来ました。
タイムは、33分34秒447(平均13.4km/h、全体で33位の成績)。
◆第3セクション
最後の約10kmは、大台ケ原ドライブウェイの一部を走ります。平均勾配は3〜4% 。途中に結構な下りもあり、中高速セクションとなります。
第2セクションでは、ほとんどギア固定で走った為、ここぞとばかりに変速し、速度を乗せるように意識して走りました。
下りでは40〜65km/h位の速度で、勢いをつけて上ることができ、先行させた2人のうち、1名に追いつく事が出来ました。
しかし、コースプロフィールをもっと理解出来ていれば、もっと力の入れ方を正す事が出来たのにと悔やみながらゴール。
◆レース後
ゴールした後は、大台ケ原ドライブウェイの駐車場にて、預けていた荷物を受け取り、食事やドリンクサービスを受け、下山しました。
下山に関しては、100名程度のグループに分け、時間を区切って下山します。
下山途中では、激坂区間前と途中で、計2回のストップがあります。
自分も初めての経験でしたが、ブレーキでホイールのリムが高熱になり、パンクする危険を回避する為に、放熱する時間を設けるらしいです。(←どんだけ〜ッ!)
下山後は、MTB部で優勝した長尾さんの表彰式待ち。
待っていると朝会った天狗党の人に会ったので、「どうでしたか?」と伺うと、チャンピオンクラスで2位との事。
タイムは1時間6分55秒。(オレより10分以上速い。。。)
後でNGOさんから「彼は全国区で超有名だぞ」と言われ、委縮してしまいました。(これからも応援してます(^^))
帰りは渋滞にハマりながら4時間程で愛知に到着。行き帰り全て運転して下さったNGOさん、本当にお疲れ様でした。
◆最後に
今回参加させて頂いた大台ケ原は、奈良県南部の山奥に位置する人口543人の上北山村にあります。
最寄駅まで車で1時間30分。
最寄のコンビニまで車で40分。
そんな土地でのイベントに、閑散としたイメージを持っていましたが、実際はスゴくアットホームなイベントでした。
沿道から声援を贈ってくれる沢山の地元の方々や、イベント進行を支えていたボランティアの方々。その気配りや対応は、今まで参加して来たイベントの中で最も素晴らしいと感じました。
来年は参加するか分かりませんが(←おい)、是非皆さんも一度訪れてみてはいかがでしょうか。
本当に素晴らしいイベントでした。
イベント運営の方々や、村民の皆さんに心から感謝したいと思います。
ありがとうございました。
以上
----------------------------------------------------------

21430400_1100742180056094_5236180990339810472_n.jpg

【KRTくんFacebookより】-----------------------------------
毎年出場のヒルクライム大台ヶ原。今年は調整不足で自己ベストより8分もダウン。
代走キャプテン?にも自己ベストを上回れてしまいました。体重が4kgほど増えていたのが悪かったし、今まで考えてなかったダイエットをしないとダメだ〜と感じました。
下山時、自分の自転車知り合いの大阪のチームと、名古屋のお店のメンバーと、会社の自転車部員とが視界に収まっていて、割と不思議な感じでした。
----------------------------------------------------------

今回大会でもお世話になりましたNGOさんですが、見事MTB部門で優勝されました。また、激坂区間賞でも優勝とホントに素晴らしい結果でした。おめでとうございます!
また、今回の大会に色々とアドバイスいただきありがとうございました。

キャプテンも書いてくれていますが、本当にこの大会すごくいい大会でした。
地域全体が一体となり、大会を盛り上げようとしてくれている感じがしました。ヒルクライムは、その地域の人の生活道を封鎖して行いますので地域の皆様のご協力がなければ、このように大会を開催することもできないでしょう。大会運営側の努力と頑張りが垣間見え、応援したいなと思わせてくれる最高大会でした!
21430332_864552557047195_6468709615889524292_n.jpg

そうそう、最後の最後ジャンケン大会がありました。
賞品はすごく豪華!
ガーミン(サイコン,腕時計タイプ)やら、OGKのセミエアロヘルメットにローラー台。そしてMAVICのキシリウムエリートと自転車乗りをくすぐる品ばかりでした。
2GEは、2回戦突破し前に行ったものの、子供の無欲に負け残念ながらボトルgetとなりました。


ジャンケン大会で、NGOさんとキャプテンに勝てた(笑)


来年もまた出よう!

posted by 0252 at 22:04| 愛知 ☁| ヒルクライム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする