2019年04月20日

伊吹山ドライブウェイヒルクライム2019 リザルト

ちわっす。2GEです。

本日の更新は、4/14(日)に行われた伊吹山ヒルクライムです。
今年の伊吹山ヒルクライムは、久しぶりのフルコース。距離15km/標高差:約1035mとなります。
参加者のFacebookを見ていると頂上では気温が0℃、下りでは小雨が降るなどめちゃめちゃ寒かったと思います。そんな中、2GEはお部屋でぬくぬくしておりました。参加者の皆さん、お疲れさまでした。

57303392_1238689029633544_8188414162674647040_n.jpg

竹田設計自転車部からは、KRTくん、KYMくんが出場です。さて、注目のリザルトは?

〔リザルト〕
男子B
87位/173名 KYM  Time1:04:57.303  Top+20:27  Ave13.85km/h

男子E
27位/283名 KRT Time55:46.626  Top+09:18 Ave16.13km/h


シーズンスタートを飾る素晴らしい結果でした。
詳しくはKRTくんのレポートを見てみましょう!



【KRTくんFacebookより】---------------------------------------------------
昨日は伊吹山ヒルクライムに参加しました。
感想を記します。
(割と長めで)

今年で9回目の参加になる、春の定例イベントと化した感があるヒルクライム。参加費は年々上がってますが、運営もこなれて進行はいつも通りな感じでした。

57387326_1238688989633548_1975251138693300224_n.jpg

当日受付可能で、時間も余裕があり、お金さえ払って駐車許可証を得ればアップ等時間を使えます。
今回、栄養学の本で、「運動直後に糖質を摂取すると筋グリコーゲンの貯蔵効率が上がる」というネタを元に、先にローラーでアップしてから朝食(菓子パン)を取ってみました。
食べたら出るしでなんだかトイレとかバタバタしてしまいましたが、そこそこの調整が出来ました。ただ、スタート前に同じ会社のKRTくんを探せなかったのは残念でしたが。
知り合いと言えば駐車場でお世話になっているN尾さんに会って挨拶。「全然走って無いんですよ^_^」って聞きましたが後でショックを受けることに・・・

天気は幸いにしてスタート後の昼前まで持ちそうな予報。ただし山頂は激さむとアナウンスされてました。

いつも通り荷物預けに出発。スタートは前のクラスでちょっとトラブルがあった模様でタイルテーブルより10分弱の遅れ、待つ時は風が冷たい。

今回フルコースが走れるとのことで、15kmの距離、特にキツイ勾配はないですが、風が強い後半が大変という記憶があり、終盤にスタミナ切れやすい自分の課題はまずスタート前の食事からと、脚力に実はもう自信喪失しているので、調整付け焼き刃感で臨みました。

スタートしてからは自分のペースで、心拍が165前後を目安に登ります。気温差のせいか鼻水が止まらないのは厄介でしたが、我慢して進みます。
標高上がってレース後半は同じような脚力の人達と団子の様にまとまって進みました。やっぱりもう自分は坂が得意な脚ではなくて、クライマーでは無いなと思い知った感がありました。
最後まで集団で行けず、遅れてしまいましたが、自分の中では今回スタミナ切れを起こさずゴールまで粘れた気がします。
ゴールの山頂付近はまだ雪が路肩などに残っていて、流石の標高という感じでした。ゴールしてちょっと写真撮ってたら雨もポツポツ降り出し、周囲はガスの中に。自分のゴール直前で下山の第一陣が始まっており、雨雲も本降りに近づいているとの事で、長居は無用、さっさと下山します。ただ、濡れた路面の下山は要注意でかなり疲れました。
後からGarminでログ見ると、下山時の気温は1℃!ともすると路面凍結もあり得た寒さだったようで、同日開催の実業団レースは中止になったのもさもありなんと思いました。

57032226_1238689049633542_7843329633683505152_n.jpg

ちなみにリザルトは55分46秒でクラス27位。50分前半ならまだクライマー名乗れるのに、パッとしない成績となりました。
なお、N尾さんは52分台でクラス優勝!走ってない詐欺に面食らいましたね( ・∇・)

大会はこれで終わりです。レースでの低気温の中呼吸をし過ぎたせいか、終わってから気管支の調子が良くなかったです。しゃっくりが止まらない、嚥下感が辛いなど、もう年齢による低下を意識せざる得ないのだと思いました。

-----------------------------------------------------------------------------------

いやいや、お疲れさまでした。
次はモリコロ、頑張っていきましょう。(ていうか、このブログを書いている時点で終わってます)

次回更新、乞うご期待!!
posted by 0252 at 21:42| 愛知 ☀| ヒルクライム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

第17回 大台ケ原ヒルクライム

お疲れ様です。2GEです。

本日の更新は9/9(日)に開催されました、大台ケ原ヒルクライムです。

一時は、台風の影響で開催が危ぶまれていましたが、関係者様方のご尽力により開催されることとなりました。
私も、申し込もうと思っていたのですが、いっぱいで申し込むことができなかったんです。年々締め切りが早くなっていくような...。
来年こそは、必ず申し込もうっと。


今回の参加者は、我らがキャプテンとKRTくん。果たして結果は?

41381761_1050082065161251_1824054923935875072_n.jpg

それではさっそくリザルト

【リザルト】

ロード:一般クラス(26歳〜35歳男)
        
 キャプテン 8位/75名  Time1:17:38.451  Top+6:37.393 Ave21.64km/h


ロード:一般クラス(36歳〜45歳男)
 KRT    94位/111名 Time1:59:20.630  Top+45:14.349 Ave14.08km/h


さすがはキャプテン!レース前は表彰台を目指すと豪語してましたが、残念ながら表彰台ならず。当日の天候が悪かったこともありますので素晴らしい結果だと思います。

KRTくんは、??? らしくない結果です。どうやら落車した模様です。


詳しくは、本人たちのFacebookよりどうぞ。


【キャプテンFacebookより】------------------------------------------------------------
本日は、奈良県上北山村で開催された、「大台ケ原ヒルクライム」に参加して来ました。

◆コースプロフィール
全長28km、標高差1240m。
中盤に平均勾配9.3%の坂が7.5km続く、日本屈指の激坂コースです。

2001年から開催されているヒルクライムイベントで、今回で第17回目開催となります。

【結果】
ロード:一般クラス(25-35歳)男

順位:8位 (全クラス中は21位)
タイム:1時間17分38秒451
(昨年から10秒落ち)
(50秒速かったら6位入賞・・・未練たらx2)

◆レース前
MTB部門に出場するNGOさんと一緒に、9日午前2時45分頃に出発。

6時前に会場へ到着。
会場は雨が降ったり止んだり。
前日受付をお願いしていたKRTさんからゼッケンを頂きました。ご対応ありがとうございました(^^)

駐車場は予定の場所が空いてなかったのですが、友人が宿泊していた宿の駐車場に止めさせて頂ける事になり、スタート地点近くに拠点を置くことが出来ました。(まほろばサイクルチームの皆さんにはきちんと挨拶出来ず申し訳ありませんでした。本当にありがとうございました。m(_ _)m)

その後、荷物を預けて着替えて準備してスタート地点へ。
今回はアップする時間取れませんでしたね(^^;

スタートは7時12分。一般ロードの部で第5グループ。

◆第1セクション
スタートから約8kmまでは、平均勾配2〜3%。速度が速い状態で道幅が狭くなっていく為、接触回避の為に、常に前方に位置するようにしました。

走って2〜3km地点、先頭を代わってくれる気配が無くなった為、後ろは振り向かずに行く。
激坂区間突入の8kmあたりまで、20分くらいだったかな?
昨年は3人で回してたせいか、去年より2分くらい遅い。

◆第2セクション
激坂区間に入ります。徐々に霧が立ち込め、視界は悪く、弱雨により路面はウェット。
体はアップしていなかったけど、何とか大丈夫そう。
自分はノーマルクランクでスプロケは11-25。
ギアは39-25固定でひたすら踏み込む展開へ。(昨年と変わらず)

前走グループの人達に「右側通ります」と声をかけながら、ひたすら踏み込みました。

少し走ってサドルに違和感。

…動いた?

そのままひた走る事4km程、…だったでしょうか、少し景色が開けてくる辺りでサドルがトップチューブ方向へガクンと下がってしまいました。(驚!

座る位置を後ろにしましたが、力が入らない。
ダンシングしようにもトルクの掛け方が下手でリアが空転する。(どんだけ〜)

騙し騙し登る事で、なんとか登り切りましたが、今度は脚が攣りそうになる始末。。。

41913872_1376036665859976_522407734184771584_n.jpg

◆第3セクション
最後の約10kmは、大台ケ原ドライブウェイの一部を走ります。平均勾配は3〜4% 。途中に結構な下りもあり、中高速セクションとなります。

ただし、濃霧と雨の影響で、思う様に速度が出せませんでした。更に下りに入る所で向かい風強く、速度が上がりませんでした。

自分はヒルクライムが好きでは無いので、本大会は平坦とアップダウンのレースだと考えています。
(激坂は…障害です)

しかし、アップダウンのセクションで速度を上げきれなくては、ヒルクライムになってしまう(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾ と思いながら、風向きに注意してなるだけ速度を上げて行きました。
サドルに座らなくて良いクラウチングで走ったりもしましたが、脚が攣りそうだったのと、路面状況が悪かったのでコレまた不発。

最後は出し切った感無いのに、疲れてゴール。T^T

41331780_1050060615163396_5090184261835685888_n.jpg

◆レース後
下山後は、MTB部で優勝したNGOさんの表彰式待ち。(昨年に続き2連覇)
ゴール後、NGOさんのご紹介で知り合ったAKGさんも年代別入賞。ちなみにこの方もノーマルクランク。なんか気が合いそうですね。今後もどうぞよろしくお願い致します(^^)

表彰後のじゃんけん大会では、二戦とも一回戦負け。
最初は、パー(昨年)、グー(今年)と来ているので、来年はチョキですね。
来年はグーで勝てます。
商品が豪華なので、オフレコでお願いします。

◆最後に
今回参加させて頂いた大台ケ原は、奈良県南部の山奥に位置する人口543人の上北山村にあります。

先日の台風20号、21号の影響を受け、一時は開催も危ぶまれましたが、村民の皆様のお陰でコースはとても走り易い状態となっており、無事に開催して頂く事になりました。ありがとうございました。

41366275_1050060601830064_3174616632932696064_n.jpg 41477478_1050060605163397_7279253410988163072_n.jpg

コース全長28kmなので、単純に家から名古屋駅辺りまでを、ずっと掃いて行くような努力をされたのだと思います。
本当に凄いことです。


来年こそは、リベンジ達成出来るよう頑張ります。

以上
------------------------------------------------------------


【KRTくんFacebookより】------------------------------------------------------------
今年の大台ケ原ヒルクライム、激坂区間の終わり際でブレーキコントロール出来ずガードレールにぶつかって落車。まだ運が良かったのか打撲程度、バイクダメージなかったので再開しましたが、今度はゴール3km手間で後輪パンク。あえなく歩いてゴールしました。

41991515_1376036315860011_636069302029516800_n.jpg

天候は曇りでしたが湿気高く、路面はウエット、曇るサングラスを背中のポケットに入れてたら、落車で粉砕されてました(涙)

ゴール後、下山はバスの回収車でゆっくりと、最後、バイクの受け取りでスタッフのおじさんから「来年も頑張れよ」と声かけてもらって、残念な今回でも救われた気がしました。

来年も頑張ります。

------------------------------------------------------------

ちなみに、今回の写真の一部は先日、琵琶イチをご一緒しましたS香様より頂きました。ありがとうございます!
参加者の皆様、大会運営者の皆様、ほんとにおつかれさまでした!

来年もよろしくお願いします!!


  



posted by 0252 at 22:29| 愛知 ☁| ヒルクライム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

第15回 Mt.富士ヒルクライム 略して富士ヒル

お疲れ様です。2GEです。
梅雨入りしたはずが、全然梅雨らしくない天気。サイクリストにはありがたい限りですが、梅雨明けが遅れるのは勘弁してもらいたいところです。

というわけで今回の更新は、6/10(日)に行われた第15回Mt.富士ヒルクライムです。

35126924_1272459606217683_8693385381904646144_n.jpg

第14回大会はこちら http://takedacyclingclub.seesaa.net/article/450983895.html



竹田設計からは、わたくし2GEとKYMくんが参加しました。
何せ1万人が参加するこの大会、結局KYMくんとは会えず仕舞いでした(笑)
一緒に写真だけでも撮りたかったですね。



6/10(日)の天気、週間天気予報では土砂降り予想。当日のコンディションはどうなることかと心配しましたが、何とか天気は持ちこたえてくれました。若干ぱらっと来たものの何とかずぶ濡れだけは回避できました。晴れ男様(私ではない)、ありがとう。

前日は2年目社員の発表会を聴講、17:00までだったのでそこから山中湖のチームふぉあぐらメンバー(2GE所属のチーム)が宿泊しているホテルへ。到着が20:30で、風呂に入って仮眠。

朝4:30にPLUSのNGOさん(←いつもお世話になります)と合流してそのまま富士急駐車場へ。準備の際にNGOさんから気温が低く雨がいつ降って来てもおかしくない天気だったので、雨の日の装備のアドバイスやイナーメのオイルをお借りしました。

そして準備も万端、いざ会場へ。

会場までの自走移動で、体がひと通り温まりアップがわりとなりました。荷物を預けてスタート待ち。スタート前の軽量化(トイレ)に向かうも、長蛇の列。そこでの待ちで、体が若干冷えてきました。


34881899_1272459522884358_8028312333228965888_n.jpg
スタート地点から富士山を向いて撮りましたが霧で何も見えず(笑)


7:15に第5スタート(人数が多いのでスタートが分けられます)、天気は相変わらず。曇りで霧の中、体は冷えた感じがしたけどローリングスタート後、本スタートポイントまででイナーメオイルが効果を発揮。程よく馴染んで暖かく良い感じでした。

本スタート地点にも関わらず周りが動かない?スタート地点がわかってないのか、ジョジョに上げてくつもりなのか?周りに影響されずマイペースでチョイ上げ。(後で見てみたら見てみたら上げすぎてた)

1合目下駐車場付近
「ここまではアップだよー!」という声援に励まされるも、結構良い感じなんですけど…。霧が深く前が見えない。脚に負荷は掛かっているが前が壁に見えるので、自宅物置でのローラーを思い出した(笑)

樹海台駐車場付近
サングラスが曇り始めたので、後頭部へ移動。雨もパラつく、ドラフティングに入ると前走車のしぶきが目に入るので八方塞がり。結局ドラフティングはやめ体半分ズラす。ズラしすぎると、さっくりほかの人にポジションを取られてしまうので位置取りが難しい。

3合目付近
路面が乾いて晴れ間も…。ようわからん天気、乙女心かっ! と突っ込みを入れつつ、この辺りからペースの良い人を捕まえて、ツキイチ。

大沢休憩所付近
今年も太鼓がドンドコ。ドローンも飛んで、軽く意識も飛んでた。
奥庭駐車場付近
この手前で斜度か緩やかになってたので、間違えてアウターに。(←気が早い) 距離を確認し、んなわけないと思い再びインナーに。気が焦ってしまった。

平坦のとこからゴール付近
3合目付近で捕まえた人のペースが非常によく、ここでも40km/h巡航、5〜6名ほどの集団が形成。後ろから45km/hくらいの集団が来たので、欲張って乗り換えるもトレイン崩壊。そこで脚を使ってしまい、最後の最後に斜度が上がるところで失速。ツキイチさせてもらってた方に大きく離されてしまいゴール。脚が攣りかけました。

手元のサイクルコンピューターのボタンを押し忘れてしまいタイムがわからず。まぁ、押してようが押してまいが出し切っていたのでこれ以上
タイムは上がらなかったと思う。いや、でもひょっとしたらペースがわかっていたらといっても後の祭り(*_*) 考えない!

今年ですが、意識が飛んでいたのか奥庭駐車場付近で「あれ?こんなに短かったっけ?」と感じたり、斜度8%がそれほどきつく感じなかったりと体の感覚が前回に比べマヒしていたような感じでした。今回の大会はスタート前にNGOさんと話していた、「富士ヒルはヒルクライムではなくロードレース」と言っていたのが、少し理解できたように思います。

5合目駐車場で下山準備の際、チーム光の方から声をかけていただきました、ありがとうございます。友達が竹田設計とのこと、世間は狭いですね、またどこかで会いましょう。


34896684_1272459532884357_1743915756225036288_n.jpg
5合目でも富士山向いて撮りましたがスタート地点と変わらん(笑)

35064498_1272459572884353_7705877391582691328_n.jpg
ほんとに5合目なのか疑わしいので...。



それではリザルト。

【リザルト】
男子19~29歳
757位/920名  KYM  Time 2:04:38.50

男子40〜44歳
146位/1302名  2GE   Time 1:16:11.00


今回の大会を目標に、昨年のオフシーズンからしっかりとローラー台で練習に取り組みました。目標は1時間15分切り。
初参加の時のタイムが1時間25分、3年前?のタイムが1時間21分なので、目標としては機材のアップデートも行っていないためギリギリなところです。

ローラー台での練習は、はじめは正直きつかったし辞めたくもありました。しかし継続するにつれ、やらなくてもいいのか?目標を達成させなくていいのか?と天使がささやきます。
冬の間、気温は一桁なのに汗だく。インナー1枚だったので体調を崩したことも。そして、春になり気温が上がるにつれ汗の量も半端なく。日々トレーニングメニューを組みサプリメントの力も借りローラー台でコツコツと積み上げていきました。今までになく真剣に練習したとおもいます。今回のタイムは残念ながら目標未達の1時間16分11秒。前回よりも5分短縮することができました。ローラー練の効果が如実に現れ、嬉しい反面、目標達成できなかった悔しさがあり微妙な感じですが、モチベーションはすこぶる上がってます。大事なのは継続すること、このモチベーションを維持しつつ、小宇宙を燃やし来年はさらに上の目標を達成できる様頑張りたいです。
今回のレースでお世話になったふぉあぐらメンバー、並びにPLUSのNGOさん、本当にありがとうございました!



仕事も遊びも目標が大事!
来年こそはシルバー聖闘士(1時間15分切り)‼




posted by 0252 at 18:09| 愛知 ☀| ヒルクライム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする