2017年09月11日

第16回 大台ケ原ヒルクライム リザルト

2GEです。

今回の更新は9/10(日)に行われた、大台ケ原ヒルクライムリザルトです。
21557911_1100246696772309_850142802185728514_n.jpg

竹田設計自転車部からは、KRTくん,2GEです。
KDEくんが参加の予定でしたが、5ステージスズカの落車の影響で参加を取りやめ。代わりにキャプテンが代走することになりました。

この大会は今年で16回目、日本屈指のヒルクライムになります。コースプロファイルは下記のキャプテンFacebookよりを見てください(←手抜き)

一昨年、私のチームの人と吉野側から大台ケ原までサイクリングをした際に、激坂以降で合流するコースを走りました。合流してからは、雨脚が強くなり雨がひどくずぶぬれになり、夏なのにガタガタ震えながら上の食堂でうどんをすすりました。その時の食堂のおばちゃお姉さんのやさしさ、温かさは忘れられません。
また、昨年は今大会と全く同じコースをチームメンバーとサイクリングとして走りました。その際は、不覚ながら激坂にて足をついて休憩しまいました。腰も痛かったし、ノーマルクランクだったし...。激坂が終わり霧がひどく視界がほぼゼロに、雨は降らなかったもののかなりびしょ濡れになりました。上で食事をしようと思ったらその日は食堂がお休みでした。途中休憩したこともあり、タイムは2時間越え
(´;ω;`)
 今となっていは良い思い出です。
 
ということで、この大会は前から興味がありました。地元奈良(といっても実家から2時間)の大会でしたから。また昨年、いつもお世話になっているPLUS ULTRAのNGOさんからもお誘いがあり、参加を決意しました。もちろんコンパクトクランクに換装しての出走です。

さて、結果や如何に?

【リザルト】 
カテゴリ ロード36歳〜45歳
 キャプテン 10位/177名 (総合33位/618名)  Time1:17:28.168 Top+4:18.181 Ave.21.69km/h
           激坂区間 33位/578名   Time33:34.447 Top+7:03.007 Ave.13.40km/h

 KRT    38位/177名 (総合111位/618名) Time1:25:22.676 Top+12:12.689 Ave.19.68km/h
           激坂区間 105位/578名  Time37:51.812  Top+11:20.372 Ave.11.88km/h

 2GE    77位/177名 (総合211位/618名) Time1:31:59.953 Top+18:49.966 Ave.18.26km/h
           激坂区間 178位/578名  Time40:27.427  Top+13:55.987 Ave.11.12km/h

3人とも頑張りました!
特筆すべきはキャプテン、やはりこの人はすごすぎる。レース前は、ヒルクライムは苦手だし登りは嫌いと言っていました。また、今回大会に初参加で初めてのコース。しかも激坂に対してノーマルクランク(一番軽いギアが39-25)。更には、この日の装備も雨が降りそうだったのでヘビー級のホイールでの出走でした。正直、激坂では、キャプテンとひょっとしたらいい勝負ができるんじゃ...と甘い考えをしてましたが、やっぱり甘かったですね。

NGOさん曰く、「キャプテンは規格外だから」

納得しました。
KRTくんは残念ながら、昨年よりもタイムを落としています。
2GEといえば、鳴かず飛ばずの結果でした。

レース前にNGOさんと話をしている際に、目標タイムどれくらいですか?と聞かれました。そういえば目標タイムなんて考えてなかったです。このコースで前回出したタイムとしては2時間。その時は上記の通りだったので、ウ〜ン1時間30〜40分ですかね?と(今思えばなかなかいい感覚)。
ゴール後みんなに、タイムどうでした?と聞かれるもサイコンのボタン押し忘れでラップが測定できていませんでした(笑)
このあたり、気合が足りていないというかなんというか...反省(◞‸◟) 結果、できることなら30分は切りたかったところです。そして、来年への目標ができました!
21462241_864552613713856_1453774417440106992_n.jpg

【キャプテンFacebookより】-----------------------------------
9月10日(日) 奈良県上北山村で開催された、「大台ケ原ヒルクライム」に参加して来ました。(長文です)
◆コースプロフィール
全長28km、標高差1240m。
中盤に平均勾配9.3%の坂が7.5km続く、日本屈指の激坂コースです。
2001年から開催されているヒルクライムイベントで、今回で第16回目開催。
会社の先輩の代理として、出場させて頂く事になりました。
【結果】
ロード:一般クラス(36-46歳)男
※代理なので^^;←33歳
順位:10位
タイム:1時間17分28秒168
◆レース前
MTB部門に出場するNGOさんと一緒に、10日午前1時30分頃に出発。
5時頃に会場へ到着し、トイレ、食事、準備を済ませ、荷物を預けに行きました。
下山時は気温が低い事が予想される為、防寒用アイテムをリュックに入れ、トラックでゴール地点まで運んで貰います。
その後、ローラー予定でしたが、出走までの時間に余裕がなかった為、公道を走る事にしました。
途中、天狗党ジャージを着た選手がいたので声をかけさせて頂きましたが、のちにとてつもない選手である事が判明。。。
スタートは7時12分。一般ロードの部で第5グループ。
約800人の参加選手達を各グループ毎に分け、2分台置きにスタートさせます。5グループはキッズを除いて、一番最後のグループでした。
◆第1セクション
スタートから約8kmまでは、平均勾配2〜3%。速度が速い状態で道幅が狭くなっていく為、接触回避の為に、常に前方に位置するようにしました。
当初は、チームメイトから借りたホイールでタイムを狙う予定でしたが、当日朝の雨予報に動じて、自分のホイール(ボントレガーのオーラ、アルミリム)で走る事にしました。その為、ヒルクライムは完全に筋トレモード。平坦を引きまくって、激坂で降りる予定だったので、序盤から先頭で引きまくりました。
途中2人の選手がローテに加わってくれた為、激坂区間突入の8kmあたりまで、18分くらいで走れました。5km地点までの平均速度は38km/hくらい。
◆第2セクション
激坂区間に入ると、一緒に来た2名に「ここからは自分のペースで行きます。2人共頑張って。」と声をかけ離脱。
2人は「ありがとうございました」と言ってくれました。その後2人は各々のペースで駆け上がって行きました(さすがに速くて付いてけない...)。
自分はノーマルクランクで、リアは11-25だったので、ギアは39-25固定でひたすら踏み込む展開へ。
本格的な激坂区間ではシッティングだけでは進めず、ダンシングで対応せざるを得ない状況になってしまいました。
前走グループの人達に「右側通ります」と声をかけながら、ひたすら踏み込みました。
You Tubeでコースをチェックしていましたが、実際に走ってみると想像以上の坂でした。
「あそこを曲がれば緩くなる(心の声」→(曲がる)→『ズッドーン!!』(緩くならない)
「あそこまで行けばさすがに終わるだろう...(心の声」→(曲がる)→『ズッドーン!!』(緩くならない)
そんなやりとりを幾度となく繰り返しながら、7.5kmの激坂区間をなんとか走りきる事が出来ました。
タイムは、33分34秒447(平均13.4km/h、全体で33位の成績)。
◆第3セクション
最後の約10kmは、大台ケ原ドライブウェイの一部を走ります。平均勾配は3〜4% 。途中に結構な下りもあり、中高速セクションとなります。
第2セクションでは、ほとんどギア固定で走った為、ここぞとばかりに変速し、速度を乗せるように意識して走りました。
下りでは40〜65km/h位の速度で、勢いをつけて上ることができ、先行させた2人のうち、1名に追いつく事が出来ました。
しかし、コースプロフィールをもっと理解出来ていれば、もっと力の入れ方を正す事が出来たのにと悔やみながらゴール。
◆レース後
ゴールした後は、大台ケ原ドライブウェイの駐車場にて、預けていた荷物を受け取り、食事やドリンクサービスを受け、下山しました。
下山に関しては、100名程度のグループに分け、時間を区切って下山します。
下山途中では、激坂区間前と途中で、計2回のストップがあります。
自分も初めての経験でしたが、ブレーキでホイールのリムが高熱になり、パンクする危険を回避する為に、放熱する時間を設けるらしいです。(←どんだけ〜ッ!)
下山後は、MTB部で優勝した長尾さんの表彰式待ち。
待っていると朝会った天狗党の人に会ったので、「どうでしたか?」と伺うと、チャンピオンクラスで2位との事。
タイムは1時間6分55秒。(オレより10分以上速い。。。)
後でNGOさんから「彼は全国区で超有名だぞ」と言われ、委縮してしまいました。(これからも応援してます(^^))
帰りは渋滞にハマりながら4時間程で愛知に到着。行き帰り全て運転して下さったNGOさん、本当にお疲れ様でした。
◆最後に
今回参加させて頂いた大台ケ原は、奈良県南部の山奥に位置する人口543人の上北山村にあります。
最寄駅まで車で1時間30分。
最寄のコンビニまで車で40分。
そんな土地でのイベントに、閑散としたイメージを持っていましたが、実際はスゴくアットホームなイベントでした。
沿道から声援を贈ってくれる沢山の地元の方々や、イベント進行を支えていたボランティアの方々。その気配りや対応は、今まで参加して来たイベントの中で最も素晴らしいと感じました。
来年は参加するか分かりませんが(←おい)、是非皆さんも一度訪れてみてはいかがでしょうか。
本当に素晴らしいイベントでした。
イベント運営の方々や、村民の皆さんに心から感謝したいと思います。
ありがとうございました。
以上
----------------------------------------------------------

21430400_1100742180056094_5236180990339810472_n.jpg

【KRTくんFacebookより】-----------------------------------
毎年出場のヒルクライム大台ヶ原。今年は調整不足で自己ベストより8分もダウン。
代走キャプテン?にも自己ベストを上回れてしまいました。体重が4kgほど増えていたのが悪かったし、今まで考えてなかったダイエットをしないとダメだ〜と感じました。
下山時、自分の自転車知り合いの大阪のチームと、名古屋のお店のメンバーと、会社の自転車部員とが視界に収まっていて、割と不思議な感じでした。
----------------------------------------------------------

今回大会でもお世話になりましたNGOさんですが、見事MTB部門で優勝されました。また、激坂区間賞でも優勝とホントに素晴らしい結果でした。おめでとうございます!
また、今回の大会に色々とアドバイスいただきありがとうございました。

キャプテンも書いてくれていますが、本当にこの大会すごくいい大会でした。
地域全体が一体となり、大会を盛り上げようとしてくれている感じがしました。ヒルクライムは、その地域の人の生活道を封鎖して行いますので地域の皆様のご協力がなければ、このように大会を開催することもできないでしょう。大会運営側の努力と頑張りが垣間見え、応援したいなと思わせてくれる最高大会でした!
21430332_864552557047195_6468709615889524292_n.jpg

そうそう、最後の最後ジャンケン大会がありました。
賞品はすごく豪華!
ガーミン(サイコン,腕時計タイプ)やら、OGKのセミエアロヘルメットにローラー台。そしてMAVICのキシリウムエリートと自転車乗りをくすぐる品ばかりでした。
2GEは、2回戦突破し前に行ったものの、子供の無欲に負け残念ながらボトルgetとなりました。


ジャンケン大会で、NGOさんとキャプテンに勝てた(笑)


来年もまた出よう!

posted by 0252 at 22:04| 愛知 ☁| ヒルクライム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

第14回 Mt.富士ヒルクライム リザルト

いやー、パソコンが立ち上がらなくなりビビりました。2GEです。
という訳で、更新が遅れてしまいました(言い訳)。ゴメンナサイ。


今回は6/11(日)に行われました、第14回 Mt.富士ヒルクライム リザルトです。
19113159_828696427299622_809834549_n.jpg

今年やってまいりました日本最大級のヒルクライムイベント。文字通り富士山(スバルライン)を5合目まで自転車で上ります。その距離25Km、標高差1,270m、平均勾配5.2%となっています。

今年は、というか今年も竹田設計自転車部からは我らがクライマー、KRTくん,KDEくんが参加となります。

それでは早速リザルトです。

<結果>
クラス35〜39歳
KDE  30位/1246名  No.3355  Time1:08:42.02
KRT  97位/1246名  No.9308  Time1:13:13.94

トラブルがあったにも関わらず、2人とも素晴らしい結果です!

19141705_828696403966291_1686736028_n.jpg

今回の写真はいつもお世話になっています、NGOさんから頂きました。いつも本当にありがとうございます!
で、そのNGOさんですがクラス5位と入賞!!おめでとうございます!! 身近な方が、好成績をあげられるのは我々のモチベーションをも牽き上げてくれます!我々も負けてられないですね。

【KDEくんFacebookより】----------------------------------
今日の富士ヒルはローラー用のホイールを忘れて決戦用でアップをするもパンク。
急遽、Kさんからシーラントを貰いぶちこむとアッサリ回復。
しかし、スタート1キロほどで「ブシュッ」と再発です。
取り敢えず集団から離れて様子を伺うとなんとかなりそう。
しかし、切れた気持ちが持ち直せず終了。
下山でお腹を冷やし危うくデュムランをするところでした。(;´д`)ハァ
----------------------------------------------------------

【KRTくんのFacebookより】---------------------------------
mt富士ヒルクライムに出場して来ました。
天気はもってくれてラッキーでした。
記録は1時間13分ほど( ´ ▽ ` )イマイチ
参加人数10,000人大会で恐ろしく人がいて抜いても抜いても人とばかり。日本語でない言葉もちらほら聞こえ、いろんな人がいました。
標高2000m超えの降りはさすがに寒く、お腹がデュムランする直前でトイレに駆け込めて何とか惨事は逃れました(-。-;
----------------------------------------------------------

ふたりとも無事で何よりです。

posted by 0252 at 16:49| 愛知 ☁| ヒルクライム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

第31回 ツール・ド・八ヶ岳

今回の更新は、第31回ツール・ド・八ヶ岳です。

17903774_719792871525207_6566820953402368296_n.jpg

ブログ更新の時に知ったのですがこの大会、参加料が今時珍しく¥5,000と良心的な値段です。¥5,000!!高い!!と思われる方もおられると思いますが、通常ローカルな大会でも¥6,000くらい、また大きな大会(Mt富士ヒルクライムなど)は¥10,000と参加料がここ最近高騰してきています。思えば、東北の震災以降復興支援として参加料に義援金がのせられたことがきっかけだったように思いますが…

まぁ、それはさておきツール・ド・八ヶ岳、ツール・ドと名はつきますが、競技としてはヒルクライムです。
国道299号を駆け上がり、標高2127mの麦草峠を目指します。距離25km、標高差約1300m、総合勝者にはチャンピオンジャージも用意されている、由緒ある大会です。

竹田設計自転車部からは、KDEくんが参加。
さて、どんな結果だったのでしょうか?

【リザルト】
総合
106位/1030名
男子D(36歳〜40歳)
14位/110名
No.539 Time 1:15:10.378  Top +6:08.769

【KDEくんFacebookより】----------------------------------
18010692_719792828191878_1262231347731082509_n.jpg

ツールド八ヶ岳へ初参加してきました。
先ずは言い訳から。(^_^;)
先週の伊吹山ヒルクライムからの風邪が尾を引き体調はお世辞にも良いとは言えない状態
(;´д`)
平日のローラー練もままならず1kgの増量。
脛毛も剃り忘れて・・・。
もう、モチベーションが上がる余地は有りません。
閑話休題。
八ヶ岳は当日エントリーがOKなので、当日の夜中に出発。
名古屋から4時間位で会場に到着。
受付やらアップをしつつ、スタートを待ちます。
開会式で、マトリックスの安原監督の挨拶が有ったけど、相変わらずのテキトーな感じ面白いです。
関西人は皆こんな感じ?まさかね。(^_^;)
時間になりスタートです。
25kmと長丁場なので、スタートダッシュは無し。
回りもそんな感じ。
5倍Wも出てないが、辛い。(;´д`)
アップをせずに、いきなりインターバルを掛けた様。
そして、喉が焼けるように痛い。生唾を飲み込んで誤魔化す。これ呼吸が出来ない。
10分ほどは先頭集団で頑張るも中切れを埋めれずtheEND。
前から落ちてくる人を目標に頑張るも、半分ほど消化した時点で、2分後スタートのカテゴリーの先頭に抜かれ気持ちも切れ気味。
息も絶え絶えでゴール。
リザルト:察して下さい。
同行した方の表彰式とじゃんけん大会を終えた後帰路に。
今回の教訓
風邪引いたら自転車乗るな!当たり前か。
17991883_719792884858539_7064210768466094613_n.jpg
----------------------------------------------------------

いやはや、体調不良でしたか。それにしても風邪をひきながらもこの成績はすごいと思います。体調が万全だったらと思うと、ちょっと残念ですが、体調を整えるのもレースのうちですね。次回もよろしくお願いします!

この大会、来年は参加してみようかな?

posted by 0252 at 18:40| 愛知 ☁| ヒルクライム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする