2017年07月14日

BikeNavi Grand Prix 2017 ツール・ド・新城 リザルト

すいません、先週末に自分のバイクのメンテに時間がかかりすぎてしまってアップしようとしてましたがすっかり忘れていました
(´∀`*)ウフフ

こんな、肝心な出来事をアップし忘れてるのって、正直どうかしてます。
今回は7/1(土),2(日)に行われた、2017 ツール・ド・新城 リザルトです。

<リザルト>
キング・オブ・エンデューロ ロード・ソロ
1位/22名 KDE  Lap72  Time5:07:50  Top+0:00  
     2時間エンデューロ  1位 Lap30 Time2:04:17
     3時間エンデューロ  1位 Lap42 Time3:03:33
19601134_758001797704314_3929435122737854185_n.jpg
やりました!やりましたよ!やってくれましたよ
\(^o^)/
お見事優勝です!2位以下に2周さをつけての完全優勝です!
今シーズン、竹田設計自転車部としては初勝利となります。日々の練習、努力が報われた結果になりました。本当におめでとうございます!

このキングオブへんたエンデューロというカテゴリーはー、炎天下の中、1日目に1周2.6kmのコースを走る2時間エンデューロ。2日目は3時間エンデューロを行いその合計周回数(同一周回の場合は合計タイム)を競う、かなり過酷なレースです。

【KDEくんFacebookより】-----------------------------------
19554633_758001787704315_703222557051805230_n.jpg
ツールド新城2017(キングオブエンデューロ・ロードソロ)に参加してきました。
新城総合公園内と周辺の公道を使ったの1周2.6Kmのコースを、1日目2時間、2日目3時間で何周出来るかを競うイベントです。
事前の天気予報では1日が雨とのことで、出場を直前まで迷っていました。
ここのコースは、逆バンクの鋭角コーナーがあるなどウェットになると難易度が上がります。以前、鋭角コーナーでスリップして転んだ苦い記憶が蘇ります。
1日目
会場に着くと降るのか降らないのか、はっきりしない空模様。
雨が降る前にそそくさと準備と受付を済ませ、知り合いの参加者や応援に来てくれたPULSのメンバーと暫し談笑。
2日目の影武者代走をPULSのキャプテンに打診するも断られる。残念。
試走開始と同時に皆がスタートの陣取り合戦を始める。(笑)
キングのカテゴリーは、別枠で先にスタートできるので、それを横目にのんびりと試走兼ウォーミングアップを済ませて並ぶ。
キングのカテゴリーには、あまり強そうなオーラを出す人は、居ないなとライダーズミーティング中に観察を済ませておく。
いよいよ時間が来てスタート。
キングはマスドスタートなので、スタートしてスルスルっと先頭に出て2時間の先頭集団が追いついてくるのを待つ。
1周ほどして、追いついてきた選手の後ろに着くも、この選手飛び出してる。なので2人で逃げるような形に・・・明日もあるから足は使いたくないのに。
結局は、すぐに後ろと合流して集団で周回を重ねることに。
ただ、みんなが元気でつらい・・・。
南口からテニスコートまでの上り区間で踏むとスルスルっと前に上がれたので、この区間で番手を上げて集団の後ろに下がり過ぎないようにする。
半分過ぎたあたりで、2時間の選手が飛び出すも、カテ違いなのをいいことにスルー(がんばって追いつく相手じゃないし・・・)
応援に来てくれたメンバーから随時情報を貰いつつ、同じカテゴリーの高校生をマークする。
27周目に入ったぐらいに、30周目に入れるか時間的に微妙な事に気付く。
今日キングで一番足があるのが自分だという感触があったので、うまいこと自分だけ30周目に入れないか考えて28・29周目とペースを上げる。
2時間ソロのメンバーに千切られるも何とかラスト10秒少々を残し30周目に突入。
何度か後ろを振り返ってキングの通過は自分だけかを確認して、休み過ぎないようにゴール。
1日目リザルト 1位 30周  2:04:17
2位以下と1Lapをつける。
当初の雨予報もまったく当たらず、物凄く蒸し暑くて足よりも内臓へのダメージが大きい。
2日目の為に、ゴール後すぐに補給できるように薄皮アンパン、サラダチキン等を用意しておいたがまったく喉を通らず、ただ咀嚼を繰り返すはめに。
午後からは、新城クリテの応援。
がんばっている人にさらにがんばれと鼓舞して楽しんだのはここだけの話し。
帰ってからは明日に備えて駆動系のメンテだけはする。
2日目
7時間ほど睡眠を取るが足は重いし食欲もイマイチ。
フルグラを牛乳で流し込んで会場に向かう。
2日目は、昨日以上に暑くなることが予想されたのでとにかく水分を取る。
行きの車中でコーヒー500ml、試走前にアクエリアス1000ml、試走後にGREEN DA・KA・RA500mlとアクエリアスを3口ほど飲んでおく。
体が重いのは自分だけじゃないと言い聞かせてスタート地点に着く。
問題はサラ足の3時間にどれだけ付けるか。
スタート1分前となりクリートをはめる為にクランクを逆回転させるとチェーン落ち。
19657410_758001871037640_7611229253691562607_n.jpg
フレームとの間に食い込んでる。慌てて直すもチェーンリングで指を切る。
ドキドキでスタート。
やっぱりサラ足の人に着いて行くのって辛い。
さっさと切れてしまいたいけど、昨日2位だった子が残っているうちは切れられない。
その子の後ろの番手を取ってずっとマークする。
暫くすると、その子が前との車間を詰め切れなくなってきてる事に気付く。
それ辛いよねーと心の中で思いつつ、シメシメと。
暫く待って足が無くなったのを見計らい自分だけ前にブリッジ。
長尾さんが教えてくれる2位との開くタイム差をモチベーションに1Lapするまではと3時間に着く。
なんか喉元がずっとすっぱいが後は、どれだけ3時間に着いていくか自分との戦い。
そして暑さとの戦い。
上りきったっところでNGOさんがホースで水をかけてくれるのが命綱。
足にかけてとか、首にかけてとかお願いをする。
そういえば、おかずさんも掛けてくれたけど、辛くて下を向いていて顔を上げたところにいきなり来たからびっくりした。そしてあんまりかからんかった(笑)
30周を過ぎたあたりだったか、3時間が上りでガツンとやり合いを始める。
やめて〜淡々と行きましょうと、心の中で叫ぶ。
ただ上りで切れても、上りきった後で緩んでいたので辛うじて着き直すを数周繰り返す。
3時間の2人が牽制している内に自分だけ前に出てしまう。
まぁカテ違いが着いているのも邪魔かと思いそのまま淡々とペースを刻む。
結局は2人に抜き返されるも、そのまま42周回をこなしてゴール。
2日目リザルト 1位 42周  3:03:33
2日間合計リザルト 1位/22名 72周 5:07:50
初めて出場したときは数周ともたずに先頭集団から切れていた事を思うと感慨も一入です。
19731892_758001791037648_1625417732726087299_n.jpg
-----------------------------------------------------------------------

応援に来ていただいたPULSの皆様、本当にありがとうございました。

次回も、頑張っていきましょう!
posted by 0252 at 21:19| 愛知 ☁| エンデューロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

第14回 Mt.富士ヒルクライム リザルト

いやー、パソコンが立ち上がらなくなりビビりました。2GEです。
という訳で、更新が遅れてしまいました(言い訳)。ゴメンナサイ。


今回は6/11(日)に行われました、第14回 Mt.富士ヒルクライム リザルトです。
19113159_828696427299622_809834549_n.jpg

今年やってまいりました日本最大級のヒルクライムイベント。文字通り富士山(スバルライン)を5合目まで自転車で上ります。その距離25Km、標高差1,270m、平均勾配5.2%となっています。

今年は、というか今年も竹田設計自転車部からは我らがクライマー、KRTくん,KDEくんが参加となります。

それでは早速リザルトです。

<結果>
クラス35〜39歳
KDE  30位/1246名  No.3355  Time1:08:42.02
KRT  97位/1246名  No.9308  Time1:13:13.94

トラブルがあったにも関わらず、2人とも素晴らしい結果です!

19141705_828696403966291_1686736028_n.jpg

今回の写真はいつもお世話になっています、NGOさんから頂きました。いつも本当にありがとうございます!
で、そのNGOさんですがクラス5位と入賞!!おめでとうございます!! 身近な方が、好成績をあげられるのは我々のモチベーションをも牽き上げてくれます!我々も負けてられないですね。

【KDEくんFacebookより】----------------------------------
今日の富士ヒルはローラー用のホイールを忘れて決戦用でアップをするもパンク。
急遽、Kさんからシーラントを貰いぶちこむとアッサリ回復。
しかし、スタート1キロほどで「ブシュッ」と再発です。
取り敢えず集団から離れて様子を伺うとなんとかなりそう。
しかし、切れた気持ちが持ち直せず終了。
下山でお腹を冷やし危うくデュムランをするところでした。(;´д`)ハァ
----------------------------------------------------------

【KRTくんのFacebookより】---------------------------------
mt富士ヒルクライムに出場して来ました。
天気はもってくれてラッキーでした。
記録は1時間13分ほど( ´ ▽ ` )イマイチ
参加人数10,000人大会で恐ろしく人がいて抜いても抜いても人とばかり。日本語でない言葉もちらほら聞こえ、いろんな人がいました。
標高2000m超えの降りはさすがに寒く、お腹がデュムランする直前でトイレに駆け込めて何とか惨事は逃れました(-。-;
----------------------------------------------------------

ふたりとも無事で何よりです。

posted by 0252 at 16:49| 愛知 ☁| ヒルクライム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

第8回スズカ8時間エンデューロ 春sp

今年もやってまいりました、鈴鹿春SP!

今回竹田設計からは、KDEくんと2GEが参加です。
KDEくんはプライベートチームからアタック120へ、2GEは初参加にもかかわらずアタック240へ参加しました。
残念ながら、毎年参加していたOKキャプテンはもらい事故による怪我が完治せず不参戦。SMGくんも今年は不参戦となっています。

それではさっそく結果を
<リザルト>
アタック120オープン
 KDE 40位 No.3486 20周 タイム3:00:14.422 Top+16:32.735 平均38.66 km/h
アタック240オープン
 2GE 76位 No.2180 40周 タイム7:53:58.351 Top+2:11:37.660 平均29.40 km/h

KDEくんはもちろんですが、2GEは無事完走することができました。これもひとえに皆さんの応援のたまものだと思います。

以下、私の参戦レポートです。
長文ですので、暇な時にでも読んでくだされば幸いです。

朝4:30に、自宅を出発。渋滞もなく6時前に鈴鹿サーキットに到着。
シマノ鈴鹿(夏)は来たことがあるので何とかなるだろうと思ってましたが、駐車場からサーキットまでがやたら遠い(;´Д`)仲間としゃべりながら歩いている時と比べると、荷物も重いし、ぼっちだとこんなにも距離感が違うとは…。
今回は、おひとり様での参戦だったので、PLUS ULTRAのNGOさん、KDEくんがピットを間借りさせてくださるとのことでお言葉に甘えて合流させていただきました。いつもお世話になりっぱなしで、ホントありがとうございます。

準備中に、PLUS ULTRAのOHRさんとNGOさんに色々とレースのノウハウやアドバイスをいただきました。
アドバイス通り、早めにスタート地点へ。スタートは前の方にいた方が、バックストレート後の登りで詰まる落車に巻き込まれないとのこと。あと、前にいてよかったのはレースのスタート前イベントや国内の有名な選手が観れました。チャリダーに出てる筧さんや森本さんが観れたり、キナンの選手やらベルマーレの選手やらちゃりん娘。とても華やかで楽しかったです(^^)
18788189_820862614749670_680864153_n.jpg


スタートはローリングスタート。ペースはゆっくりでプロ選手が前を引きます。シケイン通過後バックストレートが終わり、登りへ。アドバイス通り前が寸詰り突っ込みそうになるのを回避出来ました。その後登り切るとペースは徐々に上がります。この時点でプロトンの真ん中へ。無風状態なので何とかついて行ける状況ですが、今までに体感したことのないプロのスピード。引いてる人、凄いなぁ。
あっという間にホームストレートまで戻り、シケイン入り口からは登りになるので、プロトンからはふるい落とされます。というか、この時点で頑張っちゃうと完走できないぞ。と自分に言い聞かせます。
(´・ω・)ガマンガマン

しばらくは選手の数が多いので、自分の実力に近い人の後ろにつきます。アドバイスでは前半はアタック120と4時間エンデューロの人たちが抜けるまでにどれだけ距離を稼げるか?なので、ただひたすら脚は効率的なところでしか使わないように心がけました。

3周目、どこかで見かけたチームジャージが、と思ったら私が所属してるチームふぉあぐらΨ(・Σ・)のASEさんと遭遇。半周でしたが牽いていただきました。ありがとうございます。

5周目くらいでしたか、肩をポンと叩かれ。よく見るとモンドリアンカラーのLOOK。うちの自転車部のKRTくんでした‼️エントリーしていないと聞いていたので、ビックリしました。何でも代理出走とのこと。レースで会えるのってやっぱ嬉しいです。KRTくんは、速い集団に乗ってたのでそこでお別れ。私はひたすらマイペースを貫きます。(ホームストレートから応援聞こえてました、ありがとうございます(^^)/)

10周目、後30周目!と奮い立たせます。
補給食を1時間毎に取ることを心がけていました。中でも、豆大福は失敗。走りながら食べると息ができずに死ぬかと思った。けど腹持ちは良い。逆に良かったのはピーチ味のゼリー、かなり美味しくいただけました。

20周目までの道のりが非常に遠く、あまり覚えていない。口の中は甘いもので満たされていたので、スポーツドリンクよりも水の方が減りが早かったっす。豆大福の時は、渋いお茶が欲しかったですが...。
2周目は39km/hあった平均時速もこの時点で29km/hに。そしてこの時、アタック120と4時間エンデューロは終了。ただでさえ豆腐なメンタルがボロボロと崩れていく。なんで240にエントリーしたんだろう。120にしとけば、今頃楽になれたのに…。
そして、ここからが長い!アタック120と4時間の人たちがが抜けたので、コース上はスカスカ。風除けになりそうな丁度いい人も見つからず…。いままで何も感じなかったホームストレートちょっとした上りでさえもが壁に感じました。

22周目にピットイン。スポーツドリンク、水、補給食を補給し、再スタート。クーラーボックスに氷は入れていなかったので常温でしたが体にはそっちの方がよかった気がします。

26周目、脚がむくんで来たのか靴のベルトがきつく痛みを感じました。走りながら緩めようとしましたが、右側が緩まず。バックストレート後の登りを登った後、一旦バイクから降りて緩めることに。ピット付近でKDEくんがちらりと見えました。応援ありがとう!
18740105_739726286198532_4221957382430473969_n.jpg

30周目、この頃は平均25km/h。気温もぐんぐん上昇。想像以上に風も強くコース後半でイエローフラッグが振られこともしばしば。確かにハンドルがとられ危ない。

33周目に飲み物が枯渇。やむなくピットインして補給。後、7周。この時点で残り1時間半。一周15分と考えた時…。ダメだ完走できないと思いながらも再びコースイン。もはや、8時間エンデューロに参加されている女性の方や小学生、メタボのおじさんにもバンバン抜かれる状態に。しかし、皆さんからの応援を無にすることはできないので、最後まで走り切る!とメンタルを取り戻し走りました。


39周目通過後、無情にもタイムアップ。
辛かった。悔しかった。そんなラスト一周でした。
レース終了後、ピットへ直行し帰宅準備。アドバイスいただいたPLUS ULTRAのOHRさんには、1周足りませんでした。と報告。今年は風も強かったし、気温も高かったので、いつもなら完走できてましたよ。との言葉をいただきました。本当にアドバイスありがとうございました。

帰宅準備が完了、そういやチップ返さねばと思い受付へ。そこに完走証発行受付があったんですが、手元のサイコンでは完走できてなかったのでスルー。DNFのリザルトもらってもな〜と思い、チップだけ返却しました。
そして、トボトボと駐車場へ。

自転車を積み込み、晩飯はラーメン。しかもこってりした奴が食べたい。となると、天下一品しかない。わざわざ自宅を通り越し、岡崎市にある天下一品へ。豚キムチセット(ラーメンもちろんコッテリ)で腹も満たし、帰宅。
18739880_1032979210165725_8980972530756051147_n.jpg

車から自転車を下ろして片付けも終わらせ風呂へ直行。すでに体はバキバキ。手の指まで攣るし、脚はフルマラソン走った後のような痛さ。

風呂上がりにストレッチし、サイコンのデータをstravaにアップして、あっ、そういや竹田設計自転車部のブログアップしないといけないし、悔しいけど一応リザルト見ておくか、と鈴鹿エンデューロのホームページへ。

衝撃でした...

76位、完走‼️

???????????

手元のサイコンでは39周だったはずなのに…
よくよくサイコンを見てみると、何回かラップ押し忘れてたみたいで、実は41周走っていました。
(ToT)/~~~

天気もよく、落車もせず年明けからの目標を達成することが出来ました。これもひとえに、アドバイス下さった皆さん、応援して下さった皆さんがいなければ完走はできなかったと思います。本当に心からありがとうございました。
18739738_806307446205040_5441566333059336593_n.jpg


完走証とフィニッシャーTシャツもらい忘れたー


posted by 0252 at 21:46| 愛知 | エンデューロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする