2018年07月20日

BikeNavi Grand Prix 2018 ツール・ド・新城

お疲れ様です。2GEです。
いや、ほんと最近異常な暑さですね。皆様、体調など崩されないようお気を付けください。

本日の更新は、7/14(土)に行われましたツールド新城です。

 昨年、KDEくんがキングオブエンデューロで見事、優勝を遂げた大会です。昨年までは2日にわたり行われた大会ですが、今年からは1日のみの開催。クリテリウムはなくなってエンデューロレースだけとなりました。
 我々、自転車部からは2時間チームロードのカテゴリーに、チームT(キャプテン,2GE)、チームK(すぱ太郎さん,SMGくん)がエントリーしました。

 それではさっそくリザルト。
【リザルト】
1位/14チーム No.256  2GE /キャプテン  Lap27 Time2:01:21.487  Top-
9位/14チーム No.254  SMG/すぱ太郎   Lap21 Time2:00:29.944  Top-6 LAP

37110400_996304027205722_9160650606501691392_n.jpg

やりました、やりましたよ!

2時間チームエンデューロ、優勝です!!!
そして、私史上初優勝、すごい嬉しいです。なんかふわふわしてます。40過ぎても頑張ればいけるんだなと実感しましたし、モチベーションも更に上がりました。昨年の暮れからローラー練で追い込んだ成果...感無量です!

今までの最高位は2位だったので、表彰台からの景色は、それはもう超気持ちいいかったです。
それもこれも、サポートや応援してくださった皆様とチームを組んでくれたキャプテンのおかげで感謝感謝です!


レース当日は、猛暑。最高37℃の予報で予報は的中。月曜日に梅雨が明けて、だいたい32℃くらいが最高気温でしたが金曜日から急に猛暑となりました。一歩間違えば熱中症、非常にヤバイコンディションでした。


どれだけやばいって?
IMG_8907.JPG
こんな感じです!



そんな中、午前中は3時間エンデューロ、午後は2時間エンデューロが開催となり、私の出番は午後からです。

私の相方、キャプテンは午前中3時間チームエンデューロにもPLUS3人チームとして参加。なので、会場へは午前中から応援に。朝は木陰ではまだ良かったんですが、午前中のレースが開始してからは気温がぐんぐん上がり座っているだけで汗が出る💦状態。キャプテンの一走目が終わり戻って来た時に汗だくでヤバイ。◯原さん、A式さんの順で走り、お二方とも戻ってきた時にはヤバイ感じ。話では、脚はあるが肺がキツイと。熱い空気が入ってくるので肺が焼けるようで体も冷えないと。また、今までのレースで1番キツかったとも。

マジヤバイ。

ホントにこんなコンディションで走れるのか?とテンション⤵️ そうして、午前中のレースが終了。
PLUS3人チームは見事5位/49チーム。さすが、素晴らしい!

作戦会議
当初午後2時間は、始め私が1時間で次にキャプテンが1時間でフィニッシュを予定していましたが、ピットルートの長さから前後逆の方がいいねと話していました。が、キャプテンの午前中の消耗具合とエグい気温を考慮して私→キャプテン→私→キャプテンの30分くらいづつという作戦に変更しました。また、先頭集団には無理についていかずマイペース。特に登りはクルクルまわして、心肺を使い切らないように気をつけました。

準備の際に、◯原さんからOXYの冷感ジェルとデュアナチュレのビタミンミネラルをお勧めされたので使わせて頂きました。
ビタミンミネラルは脚の攣りを防止してくれました。冷感ジェルはすごかったっす。

「キンキンに冷えてやがる!」(藤原竜也)

などと言ってキャプテンと盛り上がりましたホントにキンキンに冷えましたし、笑いのおかげで緊張もほぐれました。



試走が始まり、スパ太郎さんとコースイン。軽く走ったつもりが想像以上な熱さ。下りはスピードがあり風がながれるものの、登りはスピードが出ないので無風。熱すぎる。なので、試走は一周のみ、ホントに完走できるのだろうかと不安感でいっぱい。

そしてレース開始、ローリングスタートのはずが、公園出口からいつものレース同様のかかり。これにくっついていくと、確実に持たないので若干抜き気味で様子見。アップがほどほどだったのでまだ心肺が馴染まず、2周くらいしてジョジョに馴染んできたので踏める様になってきました。

そこから…記憶が…。
IMG_9365.JPG



3,4周回で先頭集団から千切れた人がパラパラと落ちてきました。案の定、熱さにやられ使い切った感じでした。

私はというと、作戦通り一定ペースを維持し、登りではクルクル、立ち上がりは若干強、下りはペースの合う人に着く事を心がけました。周回数は数えずに、時間だけを見て走ったのもよかったかな?

行けそうだったら1時間いくから、と言ってたんですが、やはり30分過ぎたあたりから逆に寒気が…。 水曜日の夜にやった野外扇風機なしローラー練な感じ。その時も30分が限界、それをやった効果か、熱さの耐性が上がっていた気がしました。(そういえばその前の土曜日に休日出勤で工場調査にいったんですがその時も暑かったです)

結局40分でキャプテンに交代。すぐさま水道のあるところに行き水浴びでクールダウン。

生き返るとはこのこと。

キャプテンも一定ペースで走り、1時間が経過。1時間経過時のリザルトを確認。すると、暫定1位!2位に対して50秒差。
37123196_996303920539066_1675728941333086208_n.jpg

あれ、意外といけるのか…?


休憩中、自転車部の岩田部長が応援に来てくれました。差し入れを頂きありがとうございました。あのコーラでさらに生き返りました。


そして、30分でキャプテンが戻って来て交代。
あと4,5周と伝えコースイン、体温が落ちたからなのか一定のペースがつかみやすい。先程と同じくクルクルあげ過ぎない。周りのペースは随分と落ちているようで、もはや抜かれるのは先頭集団でレースしている真のツワモノだけ。流石にあのペースはついて行けなかった。
予定通り、4周で交代。先程同様水道へ直行、再び水浴び。


1時間30分経過し、その時点でも1位をキープ

IMG_9582.JPG
そして2時間経過、無事、パンク落車もなくゴールすることができました。


37131064_996305593872232_2418761036615122944_n.jpg
歓喜のあまり汗だくのおじさん二人が抱き合う(笑)

結果は、みごと優勝🏆
2位には1ラップ差をつけることができました。
これもひとえに、レースを応援&サポートして下さいました皆様、特にPLUSの皆様、本当にありがとうございました。そしてキャプテン、ありがとう😊


皆様への感謝を忘れずにこれからもがんばります!


37187513_2088899457852155_7913214927752396800_n.jpg
SMGくんもお疲れさまでした。

IMG_9604.JPG
すぱ太郎さんは何やら、興味津々。


さて、次は真夏のビワイチ!




posted by 0252 at 22:12| 愛知 ☀| エンデューロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

ツールド新城 試走

こんにちは。ブログの人2GEです。

本日は、6/30(土)にツール・ド・新城のコースの試走の模様をアップします。

36420598_981595758676549_1513786280314404864_n.jpg

7/14(土)に新城総合公園でツール・ド・新城が開催されます。ツール・ド・新城ですが春に開催されているバイクナビさんが主催しているレースで、昨年までは2日にわたって行われていましたが、今年は土曜日開催のみとなります。ちなみに昨年の大会では、KDEくんが見事キングで優勝という結果でした。

今年は竹田設計自転車部から、キャプテン,すぱ太郎さん,SMGくん,2GEが参加予定です。

ということで、キャプテンが下見に行くので一緒にどうですか?と誘われたので便乗。キャプテン曰く、戦略を考えながらの試走すると言ってたので、不覚にも軽めと思い込み。時間があったのと、練習も兼ねれると思い自走を選択、で現地へ。

天気は曇り、予報も一日中曇り、まあ問題ないでしょう。
朝5時に出発。ルートは岡崎総合公園から東名の側道を通って新城へ。長い登りは無いが、小刻みなアップダウンの応酬。今年の部の初詣ライドの時に通ったルートです。(自転車も高速走れれば近いんですけどね(笑))
東名の側道に入る前に雨が本格的に降りだしたので、止まって雨雲レーダーで確認すると、なぜか私の周りだけピンポイント(直径100mくらいの雨雲)。スマホが水没したらいかんのでコンビニの袋に入れました。

高速の側道を通った時、やたらと車がかすめるようにすれ違ってくる。多分向こうから見えてない気が...。早朝は点滅ライトが必要ですね。

新城総合公園に到着。
しばらくしてキャプテン一行が到着。キャプテン所属のチームPLUS ULTRAの〇原さんと足切?さん(キャプテンが変な紹介するもんで…)も一緒。お二人ともレース会場でちょくちょくお見掛けしていたのでお互い知らない中ではなく、改めでキャプテンに紹介してもらいました。これからもよろしくお願いします。

準備が整い、いざ試走。
キャプテンが数年前にツール・ド・新城に参加したことがあるので、コースのポイントをいろいろレクチャーしてくれました。あざっす。
頑張りどころ、さぼりポイントやコーナーの抜け方などなど。詳細は教えられません(´∀`*)ウフフ
やはり、難しいと感じたのはシフトワーク。アップダウンに合わせアウターインナーを上手く使う、シフトミスであっという間に置き去りになります。というかなりました。

んで、6周くらいまわったとこで私だけ休憩。自宅からの距離がすでに80q超え、さすがにここで脚を使い切るとキツくて帰れなくなるので自動的にリミッター作動(笑) 。結構がっつりな感じで走ったので、こんなことなら車で来れば良かった…。

36485844_1293205474143096_1551594486579068928_n.jpg

というわけで写真を撮ってました。

その後、キャプテン達も4周くらいして休憩。軽く作戦会議。午前中の3時間エンデューロは、PLUSでキャプテン,〇原さん,足切さん、午後の2時間エンデューロは、竹田でキャプテン,2GEが。キャプテンは、午前午後両方参加の強者です。作戦の内容は秘密です!こうご期待。
その時に、茶臼山経由で帰るという案が出ましたが、即却下です。ちなみに、茶臼山ですが愛知には新城に一つ、豊田市から153を北上、どんぐりの里の向こうにも茶臼山があります。流石にそこまで行ったら帰りは真っ暗なので、そこまで強者でない私には無理っす。

帰りのルートですが、
@来た道(多少アップダウンあるが平坦)
A10qくらいの登り(新城→作手に抜ける301号線)から後は下り基調
の2択。キャプテンたちと走ってやる気スイッチが入ったのか?Aのちょっと頑張って作手経由で帰宅しました。(Aは作手以降は普段走っている道なので安心感もありましたし。)

36398609_1293205437476433_5021131525702287360_n.jpg

キャプテンたちとはここで別れ帰路に。(キャプテン,〇原さん,足切?さん、ありがとうございました)

問題の登り。一度走ったことはありましたが、登れど登れど同じ景色。つづら折れの峠道で右に曲がって左に曲がってまた右に、同じところを何回も走らされているような感覚、そう、永遠に上り続ける、終わりのないのが終わりな感じ。

とまぁ、そんなこと考えていたら本宮山スカイライン入り口に到着。左折すると本宮山スカイラインに入りますが、そこは絶対にパス。以降ものなら脚が持たないのと、先に負けを認めてしまっているメンタルがだめ。
そして、しばらく行ったら作手道の駅が見えてくる...はずが、意外と距離とアップダウンがありましたね。作手道の駅から先は、何度も来た道を通って自宅まで(あと50qくらいかな)。

トータル153q 獲得標高1,805m でした。(←本宮山登れたのでは?)


今回の試走で得たものを無駄にせぬよう、レース本番頑張って行きましょう!
posted by 0252 at 18:59| 愛知 ☀| サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

第15回 Mt.富士ヒルクライム 略して富士ヒル

お疲れ様です。2GEです。
梅雨入りしたはずが、全然梅雨らしくない天気。サイクリストにはありがたい限りですが、梅雨明けが遅れるのは勘弁してもらいたいところです。

というわけで今回の更新は、6/10(日)に行われた第15回Mt.富士ヒルクライムです。

35126924_1272459606217683_8693385381904646144_n.jpg

第14回大会はこちら http://takedacyclingclub.seesaa.net/article/450983895.html



竹田設計からは、わたくし2GEとKYMくんが参加しました。
何せ1万人が参加するこの大会、結局KYMくんとは会えず仕舞いでした(笑)
一緒に写真だけでも撮りたかったですね。



6/10(日)の天気、週間天気予報では土砂降り予想。当日のコンディションはどうなることかと心配しましたが、何とか天気は持ちこたえてくれました。若干ぱらっと来たものの何とかずぶ濡れだけは回避できました。晴れ男様(私ではない)、ありがとう。

前日は2年目社員の発表会を聴講、17:00までだったのでそこから山中湖のチームふぉあぐらメンバー(2GE所属のチーム)が宿泊しているホテルへ。到着が20:30で、風呂に入って仮眠。

朝4:30にPLUSのNGOさん(←いつもお世話になります)と合流してそのまま富士急駐車場へ。準備の際にNGOさんから気温が低く雨がいつ降って来てもおかしくない天気だったので、雨の日の装備のアドバイスやイナーメのオイルをお借りしました。

そして準備も万端、いざ会場へ。

会場までの自走移動で、体がひと通り温まりアップがわりとなりました。荷物を預けてスタート待ち。スタート前の軽量化(トイレ)に向かうも、長蛇の列。そこでの待ちで、体が若干冷えてきました。


34881899_1272459522884358_8028312333228965888_n.jpg
スタート地点から富士山を向いて撮りましたが霧で何も見えず(笑)


7:15に第5スタート(人数が多いのでスタートが分けられます)、天気は相変わらず。曇りで霧の中、体は冷えた感じがしたけどローリングスタート後、本スタートポイントまででイナーメオイルが効果を発揮。程よく馴染んで暖かく良い感じでした。

本スタート地点にも関わらず周りが動かない?スタート地点がわかってないのか、ジョジョに上げてくつもりなのか?周りに影響されずマイペースでチョイ上げ。(後で見てみたら見てみたら上げすぎてた)

1合目下駐車場付近
「ここまではアップだよー!」という声援に励まされるも、結構良い感じなんですけど…。霧が深く前が見えない。脚に負荷は掛かっているが前が壁に見えるので、自宅物置でのローラーを思い出した(笑)

樹海台駐車場付近
サングラスが曇り始めたので、後頭部へ移動。雨もパラつく、ドラフティングに入ると前走車のしぶきが目に入るので八方塞がり。結局ドラフティングはやめ体半分ズラす。ズラしすぎると、さっくりほかの人にポジションを取られてしまうので位置取りが難しい。

3合目付近
路面が乾いて晴れ間も…。ようわからん天気、乙女心かっ! と突っ込みを入れつつ、この辺りからペースの良い人を捕まえて、ツキイチ。

大沢休憩所付近
今年も太鼓がドンドコ。ドローンも飛んで、軽く意識も飛んでた。
奥庭駐車場付近
この手前で斜度か緩やかになってたので、間違えてアウターに。(←気が早い) 距離を確認し、んなわけないと思い再びインナーに。気が焦ってしまった。

平坦のとこからゴール付近
3合目付近で捕まえた人のペースが非常によく、ここでも40km/h巡航、5〜6名ほどの集団が形成。後ろから45km/hくらいの集団が来たので、欲張って乗り換えるもトレイン崩壊。そこで脚を使ってしまい、最後の最後に斜度が上がるところで失速。ツキイチさせてもらってた方に大きく離されてしまいゴール。脚が攣りかけました。

手元のサイクルコンピューターのボタンを押し忘れてしまいタイムがわからず。まぁ、押してようが押してまいが出し切っていたのでこれ以上
タイムは上がらなかったと思う。いや、でもひょっとしたらペースがわかっていたらといっても後の祭り(*_*) 考えない!

今年ですが、意識が飛んでいたのか奥庭駐車場付近で「あれ?こんなに短かったっけ?」と感じたり、斜度8%がそれほどきつく感じなかったりと体の感覚が前回に比べマヒしていたような感じでした。今回の大会はスタート前にNGOさんと話していた、「富士ヒルはヒルクライムではなくロードレース」と言っていたのが、少し理解できたように思います。

5合目駐車場で下山準備の際、チーム光の方から声をかけていただきました、ありがとうございます。友達が竹田設計とのこと、世間は狭いですね、またどこかで会いましょう。


34896684_1272459532884357_1743915756225036288_n.jpg
5合目でも富士山向いて撮りましたがスタート地点と変わらん(笑)

35064498_1272459572884353_7705877391582691328_n.jpg
ほんとに5合目なのか疑わしいので...。



それではリザルト。

【リザルト】
男子19~29歳
757位/920名  KYM  Time 2:04:38.50

男子40〜44歳
146位/1302名  2GE   Time 1:16:11.00


今回の大会を目標に、昨年のオフシーズンからしっかりとローラー台で練習に取り組みました。目標は1時間15分切り。
初参加の時のタイムが1時間25分、3年前?のタイムが1時間21分なので、目標としては機材のアップデートも行っていないためギリギリなところです。

ローラー台での練習は、はじめは正直きつかったし辞めたくもありました。しかし継続するにつれ、やらなくてもいいのか?目標を達成させなくていいのか?と天使がささやきます。
冬の間、気温は一桁なのに汗だく。インナー1枚だったので体調を崩したことも。そして、春になり気温が上がるにつれ汗の量も半端なく。日々トレーニングメニューを組みサプリメントの力も借りローラー台でコツコツと積み上げていきました。今までになく真剣に練習したとおもいます。今回のタイムは残念ながら目標未達の1時間16分11秒。前回よりも5分短縮することができました。ローラー練の効果が如実に現れ、嬉しい反面、目標達成できなかった悔しさがあり微妙な感じですが、モチベーションはすこぶる上がってます。大事なのは継続すること、このモチベーションを維持しつつ、小宇宙を燃やし来年はさらに上の目標を達成できる様頑張りたいです。
今回のレースでお世話になったふぉあぐらメンバー、並びにPLUSのNGOさん、本当にありがとうございました!



仕事も遊びも目標が大事!
来年こそはシルバー聖闘士(1時間15分切り)‼




posted by 0252 at 18:09| 愛知 ☀| ヒルクライム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする